講座・セミナー詳細

福井デザインアカデミー デザインセッション

デザインという道具の使い方を知り、未来に生きる伝統工芸について考えます

《募集中》  申込締切:2016年12月13日

【概要】

tenji2016_HP02


「デザインとういう道具の使い方」
デザインは考え方や手段という道具であり、その使い方で現代に生きる伝統工芸に姿を変えることができます。デザイナーとの協働やデザインを学び、活用・挑戦することでその技は磨かれていきます。今回の事業は、そんなデザインの技を磨いてきた県内伝統工芸を改めて認識し、未来につながる伝統工芸として発信することを目指します。

◯デザイン展
 デザインの技を活かした県内伝統工芸商品を一堂に集め、紹介・解説します。

◯オープンセミナー
 伝統技術ディレクターとして活躍される立川裕大氏をお招きし、「伝統工芸の世界観と処世術」についてご講演いただきます。また、立川氏助言による伝統工芸と食のコラボデモンストレーションや、福井で活躍する地元伝産人とのトークセッション等も行います。
チラシは こちらからダウンロードしてください。


主催:公益財団法人ふくい産業支援センター
共催(オープンセミナー):福井エフエム放送株式会社

【日時】2016年12月14日 から 2016年12月18日 まで
10:00-17:00
【会場】サンドーム福井 ものづくりキャンパス
【対象】伝統工芸従事者、企画開発担当者・デザイナー、経営者等
【受講料】無料
【定員】200名

スケジュール


<デザイン展示> ※申し込み不要です
 テーマ:「伝統工芸×デザイン@福井」展
 日 時:12月14日(水)〜18日(日)10:00〜17:00 ※最終日は16:00まで
 会 場:サンドーム福井 ものづくりキャンパス 1階 多目的ホール

tenji2016_HP03



<オープンセミナー> ※申し込みが必要です
 日 時:12月17日(土)14:00〜17:00
 会 場:サンドーム福井 ものづくりキャンパス 2階 小ホール
 定 員:200名
 参加料:無料(デザート&コーヒー付)

◯特別講演
 講  師:立川 裕大氏/株式会社t.c.k.w・代表
 タイトル:伝統工芸の世界観と処世術

◯伝統工芸×食
 内  容:立川氏助言によるコラボデモンストレーション
      (デザート&コーヒーを味わっていただきます)
 伝統工芸:村田 紀之氏/山月窯・越前焼作家
 食   :椿原 徹也氏/エスポワール・オーナーシェフ

◯トークセッション
 内  容:立川氏と福井で活躍する伝産人とのトークセッション
 伝産人 :杉原 吉直氏/株式会社杉原商店・代表
 伝産人 :新山 直広氏/TSUGI llc.・代表

tenji2016_HP04

講 師

講師写真
【氏名】立川裕大
【所属】株式会社t.c.k.w 代表 /伝統技術ディレクター
【経歴】1965年、長崎県生まれ。日本各地の伝統的な素材や技術を有する職人と建築家やインテリアデザイナーの間を取り持ち、空間に応じた家具・照明器具・アートオブジェなどをオートクチュールで製作するプロジェクト「ubushina」を実践し伝統技術の領域を拡張している。「東京スカイツリー」「ザ・ペニンシュラ東京」「伊勢丹新宿店」など実績多数。また目黒のホテル「CLASKA」のリノベーション企画や、長年に渡って高岡の鋳物メーカー「能作」のブランディングディレクションなども手がけており、高岡鋳物・波佐見焼・長崎べっ甲細工・甲州印伝・因州和紙・福島刺子織などの産地との関わりも深い。2016年、伝統工芸の世界で革新的な試みをする個人団体に贈られる三井ゴールデン匠賞を受賞。

お問い合わせ先

デザイン振興部

ホームページからのお問い合わせ
Tel.0776-55-1756
Fax.0776-55-1759

お申し込みいただく前に、講座の内容をご確認ください。

【受講料】 無料

当センター事業サイト