研修

調達基礎力レベルアップセミナー

購買の考え方、コスト削減のアプローチを基礎から学ぶ

《募集中》申込締切:2017年9月1日

【ねらい・特徴】  調達・購買部門は、企業活動を行う上でのインプット(原材料、素材、部品など)を外部から購入する機能を担っています。それらの扱い金額はコストの大半を占め、経営に大きな影響を与える重要な部門です。近年、技術の高度化、専門化が進み、外部依存の傾向が強まる中で、より広範囲な知識を身につける必要性が高まってきました。
 この研修では調達・購買部門の役割から、コスト削減、QD(品質・納期)の管理、サプライヤマネジメントなどの広範囲な知識のうち基礎力として身につけるべき内容を俯瞰して学びます。またケーススタディにより、翌日からの実務に役立つ知識を習得します。
【研修日】 9/8(金) (1日/6時間)
【対象者】 調達・購買部門の担当者
【受講料】 18,000円(税込)
【講 師】
【定 員】 20名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[517.8KB]
【会 場】 福井県中小企業産業大学校
   ( 福井市下六条町16-15 TEL: 0776-41-3775 )

カリキュラム

プログラム(9:30~16:30)  

■調達・購買とは何か
  ~バイヤー業務の重要性をしっかりと認識する
 ・調達・購買業務の役割と重要性
 ・調達・購買担当者は何を考え業務をすべきか
 ・調達・購買担当者に求められる能力
 ・交渉力と調査力

■調達・購買業務の基礎
  ~基礎知識とプロセスを学ぶ
 ・調達・購買プロセス
 ・RFxの提示
 ・適切な発注数を決定する
 ・下請法の基礎
 ・納期・品質の確保
 ・在庫管理と在庫のコスト


■コスト削減の基礎
~調達業務でもっとも大切な役割の一つである
    コスト削減について考え方とアプローチ手法を学ぶ
 ・コスト削減4つのアプローチ
 ・見積り入手と見積り査定の基本
 ・コスト構造分析

■【応用編】調達・購買に必要な知識
   ~“買う”だけではなく一人前の
     バイヤーになるための応用知識を学ぶ
 ・サプライヤ決算書の読み解き方
 ・黒字倒産とキャッシュフロー
 ・海外調達の基本

お申し込み

お申し込みいただく前に、講座の内容をご確認ください。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修