研修

熟練の技をつなぐ! 技術技能伝承セミナー

現場の力を見える化して伝承し、改善・改革を推進する人材を育成する

《募集中》申込締切:2017年9月21日

【ねらい・特徴】  熟練ノウハウを持つ団塊世代の退職により、技術・技能伝承についての対応が叫ばれている中、誰に何の技術をどのように伝えていくのかというのは企業の大きな課題となっています。
 この研修では熟練者の「暗黙知」を少工数で伝承する手法と、被伝承者(伝承される側)の習得術を、多数の先進企業の事例を紹介しながら、実践的に学びます。
【研修日】 9/28(木) (1日/6時間)
【対象者】 技術伝承に関する具体的な課題のある方
【受講料】 18,000円(税込)
【講 師】
  • 中村 茂弘 [(一社)日本能率協会 専任講師、QCD革新研究所 代表]
【定 員】 20名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[542.8KB]
【会 場】 福井県中小企業産業大学校
   ( 福井市下六条町16-15 TEL: 0776-41-3775 )

カリキュラム

プログラム(9:30~16:30)  

■対処を急ぐ技術・技能伝承問題とは?
 企業に及ぼす問題の把握と対策法

■暗黙知の解析から系統的対策法の見える化
 事例:「工場の温湿度管理で製品の出来栄えが変わる」など、
     技術以外の暗黙知の伝承について

■卓越技能者の技能向上・練磨の歴史に学ぶ
 ベテラン作業の解析法~見える化対策



■技術・技能伝承条件 若手の確保・育成と適正評価
 適任者の選定~努力の方法

■被技術・技能伝承者(伝承される側)が身に付けるべき「習得術」
 習得術の実務演習

■指導者に必要なスピード伝承対策技術
 ITを活用した教育・伝承時間の効率化対策と手段

■技術・技能伝承対策法の実践事例紹介


お申し込み

お申し込みいただく前に、講座の内容をご確認ください。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修