研修

ダントツ品質モノづくり達成セミナー

工程投入前から不良を絶つ!“デザイン・イン”の考え方

《募集中》申込締切:2018年8月29日

【ねらい・特徴】  ものづくりを取りまく環境は急速に変化しており、「製品ライフサイクルの短縮による変種変量」「短納期」といった顧客ニーズへの対応が急務となっています。そのためには、まず当面の品質問題を撲滅し、不良ゼロ生産を早期に実現させる対策が必須であり、これまでの事後対応型ではない「変化対応型」の現場づくりが不可欠です。
 この研修では、「デザイン・イン」の考え方に触れながら、設計開発段階からの不良クレームゼロ実現手法を学びます。
 さらに、学んだことを自社現場で実践して、2か月後のフォローアップで振り返ります。講師からのフィードバック、他社の取り組みからも学び、成果に結びつけます。
【研修日】 9/5(水)、9/6(木)、10/30(火) (3日間/18時間)
【対象者】 現場管理者、設計担当者
【受講料】 38,000円(税込)
【講 師】
【定 員】 20名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[565.4KB]
【会 場】 福井県中小企業産業大学校
   ( 福井市下六条町16-15 TEL: 0776-41-3775 )

カリキュラム

プログラム(各日9:30~16:30)  

≪9月5日(水)・6日(木)≫
■ 産業界の変化に伴うスピード化の重要性

■ 現時点で徹底対策、不良・クレームゼロ生産
 ・物理現象:原理図化解析による原因除去
 ・HEの撲滅:不良要因の
  早期発見ゼロ化(QTAT)

■新製品開発段階のデザイン・イン対策とは
 ・不良発生の85%は設計段階で決まる

■ 開発・現場管理者に必須のリスク対策技術

■ 新製品垂直立ち上げの技術

■ 立上げ計画の事前検討(スクランブル対策)



■ ISO9004を利用した協力会社を含めた対策
 ・各種標準化の効果的な実務展開法

■中小企業に見るダントツ品質事例の解析

≪2か月のインターバルで実践≫
 ○ 自社取組の現状分析
 ○ デザイン・イン対策を現場で実践

≪10月30日(水)≫ 【フォローアップ】
■ 自社取組の発表 ~ 講師の追加指導

■ 早期技術伝承と、
 全員参画の不良クレームゼロ生産体系化


▼研修の概要について中村茂弘講師が紹介しています。ご覧ください。


▼受講者からの質問が多い内容について中村講師が解説しています。

お申し込み

お申し込みいただく前に、講座の内容をご確認ください。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修