研修

環境変化への構えと弾力性のある工場管理・改善即応体制の構築

工場管理・改善の考え方を講義で、環境変化への対応を見学で学ぶ

《終了》
多数のお申し込みありがとうございました

【ねらい・特徴】  昨今、企業を取り巻く生産現場の環境及び顧客ニーズは大きく変化しようとしています。ものづくりに関しても変革が求められるでしょう。本研修では工場の管理監督者やリーダーに対し、管理・改善の仕組みを再構築し、さらには方針へ即応していく方法について、講義を行います。
 また見学では、金属プレス工場訪問時に、㈱タケダの武田会長より、環境の変化への構えとして、実践されていることや考え方について直接お話を伺います。さらに、次世代技術として注目度の高いテスラ社のEV技術の現状と展望についてサービスセンターで説明を受け、実際に試乗して加速感と性能を体感していただきます。
【研修日】 6/20(木)、7/5(金) (2日間/初日(7時間) 2日目(県外企業見学))
【対象者】 工場管理者、責任者、その候補者、リーダー
【受講料】 25,000円(消費税別)※受講料 にはバス代および2日目 昼食代 含む
【講 師】
【定 員】 20名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[638.6KB]
【会 場】 福井県中小企業産業大学校
   ( 福井市下六条町16-15 TEL: 0776-41-3775 )
株式会社タケダ
   ( 愛知県刈谷市一色町3丁目6番地6 TEL:0566-21-2321 )
テスラ名古屋
   ( 名古屋市千種区千種 3-35-13  TEL: 052-456-4683 )

カリキュラム

プログラム  
初日:6/20 9:30~17:30
   (会場:福井県中小企業産業大学校)

1.企業を取り巻く環境変化
(1)企業を取り巻く環境変化要因と
   生産活動に与える影響
(2)変化要因はリスクと機会
(3)工場管理監督者の役割

2.生産管理とは
(1)生産管理の目的は
   生産3要素QCDの維持と向上
(2)経営資源(人・モノ・設備・金)
   を意識した生産管理
(3)生産管理の仕事とPDCA
(4)生産管理は全社の活動

3.生産計画とは
(1)顧客ニーズとリスクを考えた製造フィージビリティ
(2)大日程/中日程/小日程のそれぞれの役割
(3)生産計画の考え方

4.生産計画を達成させる工程管理
(1)生産を停滞させる要因
(2)5S/3T管理で人・モノ・設備のムダを管理
(3)変化点管理でリスクを管理
  ●演習:変化点管理ボードの活用と発表
(4)作業の標準化で効率向上
(5)進捗/予実管理と改善活動・問題解決力強化

5.後手管理から先手管理へ
(1)自工程完結の考え方で
   未然防止型の工程を造り込む
(2)IoTを活用した
   進捗・予実管理の見える化事例

2日目:7/5 県外企業訪問

1.現地見学 
株式会社タケダ(愛知県刈谷市):プレス加工業
 ・現場見学
 ・会社概要(沿革)
 ・事業概要(技術沿革)
 ・業界展望と当社の対応(新規分野への挑戦)
 ・品質管理と生産管理

2.現地見学 
テスラ名古屋(愛知県名古屋市):電気自動車販売業
・電気自動車の現状と展望について
・意見交換会
・サービスセンター見学、試乗体感

※2日目は7:00福井発~18:00福井着を予定しています。
 受講料には2日目のバス代、昼食代を含んでいます

お申し込み

この研修は終了しました。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修