研修

現場リーダーのための本物の5S・見える化セミナー

生産現場のムダをとり、生産現場から利益を生む

《終了》
多数のお申し込みありがとうございました

【ねらい・特徴】  昨今の生産現場では、非正規社員比率の増加に伴い、ムダとクレームが多発しています。そのため、モノづくり企業が生き残るには、「本物の5S」と「見える化」を導入し徹底して活用することが必要不可欠です。
 この研修では、「本物の5S」と「見える化」を定着させ、さらに現場改善を強力に展開する実践法を、講師の指導実績に基づいた事例やフォーマットにより、すぐに実践することができるよう分かりやすく解説します。
【研修日】 8/20(火) (1日/6時間)
【対象者】 管理者・職場リーダー・5S活動の推進者
【受講料】 18,500円(消費税別)
【講 師】
【定 員】 30名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[551.2KB]
【会 場】 福井県中小企業産業大学校
   ( 福井市下六条町16-15 TEL: 0776-41-3775 )

カリキュラム

プログラム(9:30~16:30)  

■「本物の5S」の基本は「ムダとり」
 (1)今、「本物の5S」の必要性が高まっている
 (2)「本物の5S」の直接効果とは何か
 (3)「勝ち(価値)組企業」が実践している
   「本物の5S」とは何か
 (4)「本物の5S」の定義とは
 (5)新たな時代に生き残るためには
   「躾(しつけ)」が必要!

■「本物の5S」と「見える化」の
  段階別導入・定着の進め方
 (1)「本物の5S」導入の基本プログラムと
   準備の進め方
 (2)「本物の5S」の効果的な
  導入・定着の進め方
 (3)「本物の5S」の導入から定着への
  成功事例紹介
 (4)ワンベストとシングルファイリングで
   オフィスを「見える化」する
 (5)オフィスワークを標準化し、
   人づくりに展開する
 (6)フリーデスクの導入で進化する人と
   職場体質をつくる


■「本物の5S」と「見える化」による
  改善力強化の実践法
  (1)「本物の5S」にはモノづくり企業を
    改革するパワーがある!
  (2)「本物の5S」から
    改善活動に展開する秘策

■5Sの停滞・マンネリ化を防ぐ有効な対策とは?
 (1)5Sが停滞・マンネリ化した職場の問題点
 (2)停滞・マンネリ化を打破する具体的な対策

■「見える化」で職場の問題解決力を
 スピードアップ
 (1)「本物の5S」から
  「見える化」への実践展開法
 (2)「見える化」は「本物の5S」から始め、
  工程管理に展開せよ

■「本物の5S」と「見える化」による
 「ムダとり」への実践展開法


【受講者の声】
  • 5Sはただの整理整頓、単なる美化活動ではなく、5Sを基本とした職場づくりで最終的には会社の高収益を生む企業体質を作ることがよく分かった。
  • 「5Sなくして会社の存続はない」という言葉を受け止め、明日から実行していきたい。
  • 整理基準表や不用品伝票など参考になるフォームが多かった。
  • 講師の丁寧で分かりやすい教え方が、会社を変えられる気持ちにさせてくれた。

お申し込み

この研修は終了しました。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修