新着情報・お知らせ

【参加無料】「Mashup Summit in FUKUI 2018 ~次の未来のつくり方とはじめかた~」 参加者募集中!

IT
募集終了
募集期間
開催日
開催時間 13:30~18:00
開催場所 福井県産業情報センター 1階 マルチホール
ジャンル セミナー

日本最大級の開発コンテストの入賞作品 + あの大手IT企業が福井にやってくる!

様々なデバイスやAPI・ハードウェア・テクノロジーを組み合わせた作品が集まる日本最大級の開発コンテスト「MashupAwards」。今年も全国から400以上の応募作品が集まり、昨年12月に最優秀賞・優秀賞・企業賞などの受賞作品が決定しました。

 

今回は1/400の確率で最優秀賞に輝いた作品「GROOVE v2.0」をはじめとし、優秀賞・企業賞に輝いた作品の開発者が一同に集結。開発秘話やコアとなるアイデアなどについてお話いただく機会を得ました。ちょっとしたアイデアが、結果を大きく変えるITの世界。入賞作品を事例としてアイデアの種をご紹介します。

また、MashupAwardsのパートナー企業でもある「SoftBank Robotics」「LINE」「Unity」の開発担当者にも、最新技術やトレンド情報について開発者を交えながらご紹介いただく予定です。

次に「未来」をつくるのはあなた

あるあらゆるテクノロジーといままでなかったアイデアがかけあわさり、「これまでの未来」を実装した作品たちは、私たちをワクワクさせてくれます。未来は、必ずしも経験豊かな開発者だけがつくれるものではありません。実際に、今回は数多くの学生さんが優秀賞を授賞されました。

 

その思いをこめて、イベントタイトルは「Mashup Summit in FUKUI 2018 ~次の未来のつくり方とはじめかた~」としました。わたしたちが想像している未来はどんどん形となり、新しいテクノロジーとして実際に使われはじめています。あなたのアイデアと現代のテクノロジーがかけあわされば、次の未来をつくることができる…かもしれません。そんなワクワクをいっしょに感じながら、いっしょに未来をつくってみませんか?

 

地域・コミュニティ・職種・企業という垣根を超えて、ものづくりを楽しむ全ての人にとって新たな出会いの機会となれば幸いです。

開発の裏話をまとめて聞ける・実演を体験できる

コンテストのプレゼンテーションが開発の「表側」だとしたら、今回は開発の「裏側」にフォーカスします。「どうしてそれを作ろうと思ったのか?」「どうやってそれを作ったのか?」について(可能な限り)赤裸々にお話しいただきます。

 

他人の考え(方)は自分が開発をおこなう上で、大変参考になるものです。しかし、他人の開発フローやアイデアのつくり方を聞く機会は、めったにないのではないでしょうか。今回はまとめて9作品の方々にお話いただく貴重な機会です。

 

また、実機のある方にはできる限りお持ちいただく予定です。実演を通して、具体的なイメージをつかんで頂ければと思います。わいわいがやがやと楽しんで頂ければ幸いです。

イベント概要

日 時:2018年3月3日(土)13:30~17:30(交流会は18時すぎまで)

会 場:福井県産業情報センター 1階 マルチホール

定 員:80名

費 用:無料

主 催:(公財)ふくい産業支援センター

共 催:Mashup Awards運営事務局ふくもく会

協 力(予定):ソフトバンクロボティクス株式会社LINE株式会社ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社

対 象:県内外のクリエーター(エンジニア・デザイナーなど)およびそれを目指す学生

※ 17:30すぎより交流会を実施(参加には別途500円が必要です

※ 誠に勝手ながら、交流会については「無料」に変更となりました。少量ですがお菓子はこちらでご用意致します。必要であればお飲み物をご持参ください。

 

 

 

タイムスケジュール

●[13:30~] 基調セミナー

講師:伴野 智樹 氏(Mashup Awards事務局)

MAの愛称で知られる日本最大級の開発コンテスト「Mashup Awards」の事務局を務める伴野氏に、最近よく耳にするAIやIoTといったトレンドワードを絡めながら、次のMA・未来のエンジニアリングについてお話いただきます。


 

●[13:45~] MA2017受賞者セミナー

Mashup Awards 2017において輝かしい成績を残した受賞者たちによるここでしか話せない開発秘話について、余すことなくお話いただきます。


*1st Session

・雪山BOT with LINE Beacon(for Pro 優秀賞)
講師:佐田 幸宏 氏(デザインエッグ株式会社代表取締役CEO)
2010年、「世界初のサービスのみを作る」をキーワードに創業。2012年手数料無料の送金サービスKampa!、2013年には本を4980円で出版できるサービスMyISBNをリリース。

 

・歴たん☆いこま(LINE GovHack賞)
講師:内西 功一 氏(立命館大学情報理工学部)
GovHack神戸、生駒に参加。GovHack生駒で歴たん☆いこまを作成し最優秀賞、MALINE GovHack賞を受賞。趣味でもLINEのbotを作成しています。

 

<スペシャルパネリスト>

講師:立花 翔 氏(LINE株式会社)
スマートフォンアプリ/ゲームのエンジニアとしてこれまで100本以上のアプリをリリース。その後インターネットインフラ事業大手の新規事業開発担当を経て、2017年よりLINEのテクニカルエヴァンジェリストとしてプラットフォームの啓蒙活動を担当している。

 


 

*2nd Session

・Water Melon Sound(for All 優秀賞)
講師:田中 潤一 氏(鳥羽商船高等専門学校)
去年からプログラミングを始め、主にPythonを使い作りたいものを好きなように作って遊んでます。最近はデータ解析や機械学習に興味があり、現在勉強中。

 

・ARNet(ふくいソフトウェアコンペ大賞)
講師:三﨑 雅史 氏・永宮 正陽 氏(CRAB)
ichigojamでプログラミングを始め、SwiftやPythonを使いアプリ、IoTなどで広い範囲で遊んでいます。越前ガニロボコンのロボットキットを作成しました。ハッカソンによく二人で出ています。

 

<スペシャルパネリスト>
講師:木村 秀敬 氏(株式会社jig.jp)
フロントエンドやサーバサイドが主戦場のエンジニア。MAの個人作品では、自分がほしいと思ったものを作るスタイル。近年の作品はInternet of Tairyoku(2016)、もしかして頻尿(2017)。茨城高専卒、ふくもく会運営。

 


*3rd Session

・KENPARIS(Connected Device賞)
講師:山森 美穂 氏(デザイナー)
福井在住デザイナー。Webデザイン、アプリのUIデザイン、グラフィックデザインなど幅広く活動。県内外ハッカソンに多く参加し、エンジニアやデザイナーがものづくりをする「ふくもく会」を毎月開催しています。

 


*4th Session

・Pepper 作品集紹介 in 福井ハッカソン
昨年9月に開催されたMA福井ハッカソンの中で作成されたPepperを活用した作品たちが一同に集結!

りんごひろい(福井プレゼン最優秀賞)

進捗課長(福井ハッカソン最優秀賞)

ペッパー坊主(square賞)

 

<スペシャルパネリスト>
講師:猿田 晋也 氏(ソフトバンクロボティクス株式会社)
京都大学出身。2015年よりソフトバンクロボティクスに参画しデベロッパーマーケティングを担当。短期間で数多くのデベロッパー向け施策を推進。現在デベロッパーマーケティングの担当者としデベロ ッパー向けイベントやテクニカルサポートを担当。 

 


*5th Session

・不可視彫像(Interactive Design部門賞)
講師:坪倉 輝明 氏(メディアアーティスト/クリエイティブテクノロジスト)
テクノロジーを駆使して現実とデジタルの境のない世界を作り出すアーティスト。フリーランスで活動中。

 

<スペシャルパネリスト>
講師:常名 隆司 氏(ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社)
Unityでの開発に役立つアセットのマーケットプレイスであるアセットストアの日本担当。Unityエンジニアからアセットの活用事例やアセットのオススメポイントを伝えながら、Unityユーザーが素敵なアセットと出会えるためのお手伝いをしている。

 


●[16:50~] MA2017最優秀賞 受賞者セミナー

400作品の中から見事最優秀賞を受賞した「GROOVE v2.0」の開発メンバーである小宮氏が登壇。大賞授賞までの道のりをお話いただきます。

 

・「GROOVE v2.0」(for All 最優秀賞)

講師:小宮 慎之介 氏(株式会社DesignCat代表)
首都大学東京大学院システムデザイン研究科インダストリアルアート学域修了。現在はRecruit Holdingsでサービスデザインを行いながら、GROOVEチームで新たなエンタメの形を模索中。

 


●[17:40~18:30] 交流会&クロージング

 

 

Q&A

Q:具体的にどんな話が聞けますか?

A 全国規模のソフトウェアコンテストで入賞する作品の開発者から、開発のきっかけやその具体的な手法について、直接聞くことができます。また、LINEなど最先端をいく企業から最新トレンドについてのお話を聞くことができます。

 

<キーワード>

LINE Beacon、LINE Messeging API、LINE Bot、pepper、unity、vive、RspberryPi、ESP32、BLE、twitter、AWS、kintone、node.js、Swift、Python、SVM、機械学習、MFCC、AItalk、Vuforia、google place API、雑談対話API、kintone API、Square API、micro:bit(センサー)、6軸加速度センサ、圧力センサ、曲げセンサ

※これらの技術が組み合わさり、それぞれのプロダクトが開発されています。気になるワードがひとつでもあれば、ぜひ会場にお越しくださいませ!

 

Q:どういうところに今回の話を活かせますか?

A 最新のIT技術や開発の肝からヒントを得ていただき、今後の製品開発におけるアイデア出しや機能拡張に活かしていただければと思います。

 

Q:参加に必要な資格・知識や事前に勉強しておくことよいことはありますか?

A 「ITの知識について詳しくないんだけど・・・」という方でもぜひご参加ください。特に最近は、ITの知識だけあればよいプロダクトが開発できるというわけではありません。むしろいろんなアイデアがあることが重要です。ですので、ものづくりにご興味のある方はどなたでもご参加ください。

 

Q:年齢制限はありますか?

A ありません。学生の方からご年配の方まで幅広くご参加いただけます。

 

Q:女性でも参加できますか?

A もちろん大丈夫です。女性の登壇者の方もいらっしゃいますし、安心してご参加いただけます。

 

Q:福井県外でも参加できますか?

A もちろん参加可能です。ぜひ福井県内の方々と交流いただければ幸いです。

 

Q:事前申込みしないと参加できませんか?

A 交流会の参加者数を把握したいので、出来る限り事前にお申込みください。申込後のキャンセルも可能です。

お申込みはこちらから




職業(必須)
エンジニアデザイナー学生その他
年齢(必須)
40代以降30代20代10代
交流会への参加(必須)
参加する参加しない
※ 誠に勝手ながら交流会については「無料」に変更となりました。

関連セミナーのご紹介

【翌日開催】「Pepper 活用セミナー」もあわせて参加者募集中!

当センターでは、翌日の3月4日(日)に、「Mashup Summit in FUKUI 2018」でもご登壇いただくAI・ロボティクスの専門家 ソフトバンクロボティクス猿田氏に、人型ロボット「Pepper」を題材に最新ITセミナーを開催。

 

Pepperのコンセプトや特徴といった基礎知識から実際のビジネス活用事例を学ぶ無料セミナーと、Pepperの機能を応用したプログラミングを学ぶプログラミング講座を2本立てで開催します。

 

>イベントの詳細はコチラから