福井県和紙工業協同組合(越前市)と越前和紙の里紙の文化博物館が10月に、ニューヨーク在住の写真家棚井文雄さんとコラボレーションによる「うつす和紙」展を日本国総領事館(ニューヨーク)で開催した。NY展を終えて同組合の石川浩理事長は「和紙には西洋の紙にはない独特の風合いや、100、200年と保存できる特徴がある。アーティストやショップにとっては、長く作品を残せるという面で魅力があるようだ」「海外での和紙の使われ方を逆に日本人に提案していくことで、新たな市場の開拓につながる可能性を感じた」と述べた

掲載紙 福井新聞
掲載日付 2013年11月22日
掲載企業名 福井県和紙工業協同組合 越前和紙の里紙の文化博物館
業種 伝統産業
対象地域 越前市 ニューヨーク
分類
キーワード

※当システムでは、記事タイトル(概要)のみ掲載しています。

当センター事業サイト