【サテライト講座】 <実習>

【サテライト講座】
Kerasによるディープラーニング実践入門
~画像認識編~ (コースコード USJ92L)

コース概要

ディープラーニング技術の登場により画像認識の性能が飛躍的に向上し、様々な分野で活用されています。

本コースでディープラーニングによる画像分類、物体検出などについて、代表的なディープラーニングフレームワークであるKerasを使用した実装方法について、講義および実習をとおして学習します。

到達目標

  • ディープラーニングを利用した画像処理の概要について、説明できる。
  • Kerasを使用した基本的な画像分類が実装できる。
  • 基本的な物体検出の概要を説明できる。

受講対象

  • 今後ディープラーニングを使ったAIモデル開発に携わる方。

前提知識

  • 「Pythonによる機械学習システム構築入門~学習モデル作成からAPI化~」を受講済み、あるいは、scikit-learnを用いた回帰・分類モデルの作成と評価ができること。
  • ※本コースはマシン実習があります。サテライト会場でのコース内容ならびに実習に関する質問対応などは、品川ラーニングセンターの講師が行います。

サテライト講習会について

サテライト講習会とは、(株)富士通ラーニングメディア 品川ラーニングセンター(配信側:東京)にいる講師の講義を、インターネットを経由し、サテライト会場(受信側)のパソコンで受講いただく形態の研修です。 詳しくはコチラ。

◆福井会場での受講は、県内企業・個人の方限定とさせていただきます。

◆福井会場での受講は、必ず当ページから申込手続きをしてください。

◆メイン会場(東京)の申込み状況により、開催中止となる可能性もございます。

申し込み

令和4年6月20日(月)~21日(火) 9:30~17:00  受付終了
定員 : 4人
受講料: 59,620円(税込・テキスト料込)
会場 : 福井県産業情報センター

上記受講料は、福井会場限定の料金です。受講は、県内企業・個人の方限定とさせていただきますのでご了承ください。

※東京会場(富士通ラーニングメディア主催)で受講の場合:129,800円(税込)
※お申込後、受講の可否については別途ご連絡いたします。

月別実施一覧

4月5月6月
7月8月9月
10月11月12月
1月2月3月

ダウンロード(PDF)

    
研修ガイドブック
受講申込書

会場について

研修の会場は、特に記載がない場合は福井県産業情報センターで行います。
福井県産業情報センターのパソコン実習室、会議室、等の内容については個別のページでご確認ください。

リンク集

福井県産業情報センタービル 高機能オフィス(技術開発室)入居者募集のバナー

福井県産業情報センタービル インキュベートルーム(創業支援オフィス)入居者募集のバナー

ふくいナビのバナー

中小企業産業大学校のバナー