このエントリーをはてなブックマークに追加

終了しました。お申込くださいました皆様、誠にありがとうございました。

概要

先の東日本大震災に際して被災者および被災企業のため、多くのクラウドサービス・プロバイダがサーバー移設や災害情報を集約したサイトの構築をサポートしました。また、地震当日には都心部で大量のいわゆる帰宅難民が発生しました。スマートフォンからツイッターグーグルマップなどのクラウドアプリケーションを利用して、無事を確認したり徒歩で帰宅した人も少なくありません。このようにスマートフォン・クラウドが今回の震災で改めてその力を証明した例は、枚挙に暇がありません。

(公財)ふくい産業支援センターではセミナー&交流会を通じて、本県のIT技術者およびシステム担当者にスマートフォン・クラウドの普及・啓発およびウェブサービス、アプリケーションの制作やシステム移行などのビジネスの機会づくりを支援します。

主催

公益財団法人ふくい産業支援センター

後援

福井県IT産業団体連合会

日時

平成23年7月22日(金) 15:00〜18:30

セミナーの部(15:00〜17:20)/交流会の部(17:30〜18:30)

定員

100名(増席しました)

参加費

1,000円(交流会の参加・不参加にかかわらず)

場所

福井県産業情報センタービル マルチホール

坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16 (アクセス)

対象

IT技術者、情報系の学生の方、およびスマートフォン・クラウド技術に興味をお持ちの方。

スマートフォン・クラウドについて時折、技術的な話になることもあるかもしれません為、予めご了承ください。

基調講演

広がるAndroidの世界

東京大学,一橋大学大学院卒業。2000年より稚内北星学園大学学長。「最北端は最先端」をモットーに、新しいIT技術にいち早く対応した先進的な IT教育を展開。2004年、社会人のIT技術者を対象とした東京サテライト校を設置。2008年から現職。

毎年東京都内で開催される「丸山先生レクチャーシリーズ」は、Javaを始めとする最先端技術を紹介する場として有名。Java/SOA/Grid /Cloud等、新しい技術のエバンジェリストとしても知られている。日本Javaユーザグループ会長。日本Androidの会会長。Cloud研究会代表。

スマートフォンをはじめとするクラウド・デバイスならびにクラウド技術の現状と今後についてご講演いただきます。

講演

世界をつなぐ、Android

二社のモバイルベンチャー創業に関わった後、2003年、株式会社jig.jp創業。パソコンサイトをケータイで見られるようにするソフト「jigブラウザ」、Twitterをサクサク使う「jigtwi」、スマホで電子書籍をソーシャルにつなぐ「ツイパブ(β)」など、利用者視点でサービス開発と提供を行う。

鯖江を拠点にITによる地域活性にも関わり、7/30(土)13時〜嚮陽会館「さばえIT推進フォーラム」をコーディネート。世界の中心を鯖江に!

日本Androidの会福井支部の活動やjig.jpでのクラウドデバイスならびにクラウド技術への取組みについてご講演いただきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加