事業承継について

事業承継を考える

中小企業庁が平成28年12月に公表した「事業承継ガイドライン」によると、中小企業経営者の高齢化が進み、今後5年から10年の間に多くの中小企業が事業承継のタイミングを迎えることが予想されます。

承継対策は早めの取り組みが重要です。

承継のパターンは大きく3つに分かれます。

事業承継のパターンは大きく3つに分かれます。
事業を渡す候補者を決め、具体的に何年後に承継をするのかを考えることをおすすめします。

事業承継の3つのポイント

事業承継は主に3つに分けて考えることができます。
ヒトの承継(後継者)
資産の承継(不動産や資産、株式)
目に見えにくい経営資源(強み)の承継(知的資産、人脈、技、営業ノウハウ)

事業承継に向けたステップ

事業承継に向けた早期の準備をおすすめします。

具体的な進め方が分からないなどありましたら、「相談申し込み」ページの申し込みフォームよりお問い合わせください。

参考資料

事業承継マニュアル(中小企業庁HPへのリンク/PDF形式:4,650KB)

会社を未来につなげる-10年先の会社を考えよう-(中小企業庁HPへのリンク/PDF形式:13,794KB)

事業承継ガイドライン(中小企業庁HPへのリンク/PDF形式:4,602KB)

平成29年度税制改正パンフレット(中小企業庁HPへのリンク/PDF形式:1,705KB)

事業引継ぎハンドブック(中小企業庁HPへのリンク/PDF形式:11,000KB)