熊堂ヒルズ通信

福井県産業情報センター(熊堂ヒルズ)の施設運用担当者が日々の出来事について綴るブログです。インキュベートルーム等の入居施設の活動や、会議室等の貸出施設の活用方法、ソフトパークふくいの立地企業の事業紹介、ソフトパークふくいの活性化に向けての取り組みなどを中心に発信していきます。

【熊堂ヒルズ・日々改善#3】 西側通用口のインターフォンのところにテプラで注意書きをしました

大木@熊堂ヒルズです。
日々の改善活動をもくもくと綴る熊堂ヒルズ・日々改善プロジェクト。
改善その3は、「西側通用口のインターフォンのところにテプラで注意書き」です。
熊堂ヒルズは、第2・第4を除く土・日曜日と、平日の夜7時から翌朝の7時30分ごろまではカギが掛かって入居者以外は入館できません。(ただし、その時間に施設貸出がある場合は開いている場合もあります。)
そういう時は、西側通用口(通称「ウラ玄関」)から、入居者専用の入退室カードを使って入ることになります。
ただ、宅配業者の方や入居者を訪ねてこられた方はそんなことわかないので、入館できず困ってしまうという話をお聞きしました。
実際には、そこにはインターフォンがあって、守衛さんと話をしてカギを開けてもらうこともできるんですが、意外とそこにインターフォンがあることに気づかない方が多いらしいのです。
そこで、そんな不都合を解消するためにと行った改善が今回の「西側通用口のインターフォンのところにテプラで注意書き」です。
なんのことはない。テプラでその旨書いただけなんですが。
西側通用口。インターフォンがあることがわかるでしょうか。
IMG_1791.JPG
こんな感じにはってみました。
IMG_1790.JPG
夜10時までで、巡回中でなければ、守衛さんに開けてもらうことができます。
IMG_1789.JPG
これで、少しでも困る方が減ると嬉しいですね。