アップグレードふくい担当者ブログ -福井のWeb・IT系ビジネス交流イベント-

福井県のビジネス交流イベント「アップグレードふくい(略名UGF)」に関する話題を中心に、ウェブ・映像等業務などに関連する情報をお届けします。

[5/11]初開催!!ミニミニ勉強会 ~サウンド編集のお悩み解決します~ 開催レポート

18425893_1881889118760102_2018735504_n.jpg
福井県マルチメディアサポートセンターでは、映像製作者の音に関する日頃の悩み解決を目的として、少数精鋭でおこなうミニ勉強会を開催しました。はじめての開催でしたが、5名の方にご参加頂きました。
【 当センター初開催!! 】ミニミニ勉強会 ~サウンド編集のお悩み解決します~ : http://www.kokuchpro.com/event/forVC_20170511/

福井県内では、サウンドについて勉強したり相談する場所がなかなかないとのこと。その結果、どうしても独学になってしまうのが現状だそうです。
そこで、県内でサウンド編集のトップランナーであり、今年度から当センターのシステム管理者を担当している 小川さん(株式会社サウンドディレクション)に、勉強会の講師としてお願いしました。
18424652_1881889108760103_1561491461_n.jpg
映像制作者のためのサウンド編集講座と題して行われてた今回の勉強会は、「映像制作におけるいい音とは?」「撮影時の録音のコツと注意点」「ノイズを目だたなくするには?」などについてディスカッションしました。
勉強会では、「サウンドの編集というと、音楽をつけて盛り上げることに気が行きがちですが、余計な音(ノイズ)をしっかり減らして、聞かせたい音を聞かせることが大切です」といったサウンド編集とはなんぞや、という点や、実際に機材を使う時に気をつける具体的な注意点についてもお話いただきました。
会の後半は、参加者のみなさんからの日頃の悩み相談をお受けしました。機材の使い方や、日頃音の編集を行う上で「難しいな・・・」「他に良い方法がないのだろうか?」と感じている点について、小川さんはひとつひとつ丁寧に答えられていました。
最後に「いい音とは細かな気配り、技術のつみ重ねの総合力だと考えています」と小川さん。ちょっとした工夫が、聴き心地が良い音につながるというわけですね。今後もこの勉強会が悩みを解決する場として役立てて頂けるよう、サウンドに関する勉強会を続けていきたいと考えております!
◆ 講師:小川 小一郎(1968年生・49才)
映像制作会社、MAスタジオに勤務の後、2013年福井市に(株式会社サウンドディレクション)を設立。録音制作に従事して20年。Avid Pro Tools使用歴は16年。TVCM・ラジオCM・TV番組・VP・展示映像などの録音制作、ナレーション録音・演出、選曲、音響効果、作曲、音楽プロデュースなどのスタジオワーク、ならびにTVロケの音声マンとしても活躍。ナレーターの発掘育成にも力を入れている。

今度の「アップグレードふくい for VC」で本当に伝えたいこと

top.jpg
こんにちは。ふくい産業支援センターのあの坊主こと大西です。
当センターでは「映像の勉強をしたい!」「機材を実際に触りたい!」
という方を対象にした勉強会を開催します。
あなたも刺激をもとめにセンターに来てみませんか?

◆勉強会「[アップグレードふくい for Video Creators Vol.1](http://www.kokuchpro.com/event/fvc_vol1/)」の中身
福井県内の映像産業の振興を目的として、
県内の映像制作に携わるディレクター・カメラマン・編集者
(もちろんそれを目指したい学生さんも!)を対象に、
「福井から世界へ」を目指し、勉強会を開催します。
まったくの素人が大きなことをいうのはおこがましい!
のは重々承知なのですが、
なかなかの本気度で取り組んでおります。
今回は、映像機器の製造メーカー各社(ソニービジネスソリューション・エプソン・ボーズ)
による最新トレンドセミナーと、
県内外の映像製作者が自らの最新作品を題材に、
制作のワークフローと具体的なテクニックについてお話しいただきます。
「自分をアップグレードする!」という意味あいで、
アップグレードふくい for Video Creators という勉強会の名前にしました。
<開催日時>
 開催日:平成29年2月24日(金)14:00~17:00
 会 場:福井県産業情報センター1階 マルチホール
     ※「福井県産業情報センターってどこやねん!」という方、[ここ](http://www.fukui-iic.or.jp/access.html)です。
 参加費:もちろん無料
 申込み:[コチラ](http://www.kokuchpro.com/event/fvc_vol1/)の申込みサイトからお申込みください(1分で登録できます)

◆あなたに一番伝えたいこと
プログラムの詳細は[申込みサイト](http://www.kokuchpro.com/event/fvc_vol1/)に記載してありますので、
ここでは割愛します。
最新の機材情報を聞いたからといって、
その商品をもらえるわけではありません。
(むしろ欲しくなって悶々とするだけかもしれません)
加えて、勉強会で聞いた他人の成功事例が、
すべて自分にもあてはまるとも考えておりません。
身も蓋もない話ではありますが、
この勉強会に参加いただいて、
すぐになにかが変わるということもないと思います。
自分が成し遂げたいことは、
他人のモノマネではないですからね。
しかし一方で、
ここで出会ったヒトや言葉が将来の自分の重要な「なにか」
になるきっかけにはなる可能性があるはず。
もちろん、すぐに使えるテクニックを
見つけていただきたいのも山々ですが、
登壇者の理念とか信念とかが、
本当に重要な示唆をあなたに与えてくれる
のではないかなと考えております。
なので、そこらへんを一番聞きにきていただきたいな、
と思っております。

お時間があれば是非。
登壇者を質問攻めにしていただければと
思います(私も加勢致します)。

MashupSummit 2017 in FUKUI 「デジタル技術の進化と、エンジニアのアイデアが ビジネスと社会を変える!」開催レポート

2月12日(日)にMashupSummit 2017 in FUKUI 「デジタル技術の進化と、エンジニアのアイデアが ビジネスと社会を変える!」を開催いたしました。
IMG_1477.jpg
当日の流れを写真でご紹介をさせていただきます。
##オープニング
スピーカー:上坂 哲教氏(LOCCIO 代表)
IMG_1406.jpg
オープニングはMashupAwards2016の優秀賞作品「どこでもMステ」に合わせ講師の方に登壇をしていただきました。
 
##第1部 「MashupAwards2016総括」
スピーカー:伴野 智樹氏( (株)リクルートホールディングス、MashupAwards 事務局長)
IMG_1412.jpg
MashupAwardsは進化し続けている、そして北国の狂気も進化をしていきたいですね。
##第2部 「受賞者セミナー」
作品名:「なんとかめーかーりある」 スピーカー:高瀬 理奈氏(明治大学)
IMG_1424.jpg
作品名「トイレの神様」 スピーカー:青島 英和氏(リブログ合同会社 社長)、土井 伸洋氏(有限会社来栖川電算)
IMG_1430.jpg
作品名「窓の守」 スピーカー:三崎 雅史氏(武生工業高等学校)、永宮 正陽氏(武生第一中学校)
IMG_1439.jpg
どの作品も意見を取り入れるフィードバックのスピード、それが優れた作品を作る秘訣なのかなと感じました。
それも制作者の皆様の素直さから生まれているような気がします。
##第3部 「API提供企業による活用事例紹介」
3社の方に各製品の紹介と、今後のビジネスへの活用方法をお話頂きました。
「ベンチャー企業が行っているAPI事例」Sansan株式会社 山田 ひさのり氏
IMG_1443.jpg
「マッシュアップアワードとAPI提供」サイボウズ株式会社 竹内 能彦氏
IMG_1458.jpg
「機械学習やAIで変わる仕事のあり方と技術者のあり方」日本マイクロソフト株式会社 大森 彩子氏
IMG_1464.jpg
どの会社も世の中をより良くしたいという取り組みで感動しました。
 
##第4部 「最優秀賞受賞者セミナー」
スピーカー:栗原 一貴氏 (津田塾大学 准教授)
「YouTubeの映像と連動したマッシュアップ作品を簡単に作れるJavaScriptフレームワーク」
IMG_1467.jpg
これまでの作品の紹介では、栗原さんの発想が斜め上を行くことを改めて感じることができました。
IMG_1469.jpg
そんな栗原さんから斜め上の発想をするために必要な思考法をお聞きしました。
 
##交流会
セミナー終了後には各作品を体験できる時間を設けました。
IMG_1480[1].jpg
作品を触りながら直接質問ができる時間とあって皆さん積極的に体験、意見交換をしていらっしゃいました。
IMG_1482[1].jpg
—-
他人にアイデアを否定されたら喜ぶべきで、優れたアイデアほど思いついたときはくだらなく感じる。そして早く面白いことをやったやつが優勝!それが全てだと思いました。改めて、発想することの大切さを感じた充実した1日でした。
IMG_1465.jpg
講師の皆様、参加者の皆様にはお忙しい中お越しいただきありがとうございました。    
たくさんの方に協力をいただくことで開催できるこのサミットですが、新しいことを作る喜びを感じることのできる貴重な機会だと思っています。是非来年以降も続けていきたいです。

【2/12】ITセミナー「MashupSummit in FUKUI 2017」 登壇者紹介vol.5

こんにちは!ふくい産業支援センター河野です。
 
いよいよ今週末2月12日(日)に開催される[「MashupSummit in FUKUI 2017」](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)の登壇者紹介、今回はついに最終回の第5弾です
MashupSummit in FUKUI 2017は、日本最大級のプログラミングコンテスト「[Mashup Awards 2016](http://mashupaward.jp/)」でグランプリ等を獲得したエンジニアと、今注目を浴びるIT企業が一同に会するセミナー&交流会です。
自身の可能性とキャリアアップを目指すエンジニアの方、最新ITを自社のビジネスに活かしたい、優秀なエンジニアとの出会いを期待する企業の方のご来場を心からお待ちしています。
[>>申込ページはこちら](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)
 
##登壇者作品「YouTubeの映像と連動したマッシュアップ作品を簡単に作れるJavaScriptフレームワーク」
 
最終回の今回は、Mashup Awards 2016グランプリ作品。
栗原 一貴氏(津田塾大学准教授)が制作した[「YouTubeの映像と連動したマッシュアップ作品を簡単に作れるJavaScriptフレームワーク」](http://hacklog.jp/works/49676)です。
作品名が非常に長いためチラシやWebで紹介するとき頑張って1行に収めるか、潔く2行にするかいつも悩みます。
なんでこんなに長いんだ!?と思ったことも1度や2度ではありません。
しかし、作品の中身を知れば知る程、この名前でしかこの作品を表すことができないことがよくわかりました。
まさにYouTubeの映像と連動したマッシュアップ作品を簡単に作れるJavaScriptフレームワークなんです。
明後日のセミナーで、新しいマッシュアップ作品を見ることができるのか楽しみなところです。
all_1.jpg
 
上坂さんとの最後の対談です。ぜひ御覧ください。

 
「YouTubeの映像と連動したマッシュアップ作品を簡単に作れるJavaScriptフレームワーク」紹介動画

 
##交流会では作品を触ってみることも!
講演終了後の交流会では受賞作品の体験時間も設けます。作品を触りながら制作者に質問ができる貴重な機会です。
自分もマッシュアップしてみたい!という方は[こちら](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)から申し込みください。
##イベント概要
WS000001.JPG
【イベント名】MashupSummit in FUKUI 2017~デジタル技術の進化と、エンジニアのアイデアがビジネスと社会を変える~
【日   時】平成29年2月12日 13:00~18:30
【会   場】福井県産業情報センター 1階 マルチホール(坂井市丸岡町3-7-1-16)
【定   員】100名
【主   催】(公財)ふくい産業支援センター、Mashup Awards
【協   力】(一社)福井県情報システム工業会、ふくもく会
【内   容】
 **●オープニング**
  [「どこでもMステ」 上坂 哲教氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/_mashupsummit_in_fukui_2017htt.html)
 
 **●第1部~Mashup Awards総括~**
  Mashup Awards 事務局長 伴野 智樹氏
 
 **●第2部~受賞者セミナー~**
  [・「なんとかめーかーりある」 高瀬 理奈氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/212itmashupsummit_in_fukui_201.html)
  [・「トイレの神様」 青島 英和氏、土井 伸陽氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/212itmashupsummit_in_fukui_201_1.html)
  [・「窓の守」 三﨑 雅史氏、永宮 正陽氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/212itmashupsummit_in_fukui_201_2.html)
 
 **●第3部~API提供企業による活用事例紹介~**
  ・「ベンチャー企業が行っているAPI事例」
   Sansan株式会社 山田 ひさのり氏
  ・「マッシュアップアワードとAPI提供」
   サイボウズ株式会社  竹内 能彦氏
  ・「機械学習やAIで変わる仕事のあり方と技術者のあり方」
   日本マイクロソフト株式会社 大森 彩子氏
 
 **●第4部~最優秀賞受賞者セミナー~**
  [「YouTubeの映像と連動したマッシュアップ作品を簡単に作れるJavaScriptフレームワーク」
   栗原 一貴氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/212itmashupsummit_in_fukui_201_3.html)
 
 イベントに参加を希望する方は[申込ページ](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)よりお申込ください。
 [>>http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)
 

【2/12】ITセミナー「MashupSummit in FUKUI 2017」 登壇者紹介vol.4

こんにちは!ふくい産業支援センター河野です。
 
いよいよ今週末2月12日(日)に開催される[「MashupSummit in FUKUI 2017」](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)の登壇者紹介、今回は第4弾です。
MashupSummit in FUKUI 2017は、日本最大級のプログラミングコンテスト「[Mashup Awards 2016](http://mashupaward.jp/)」でグランプリ等を獲得したエンジニアと、今注目を浴びるIT企業が一同に会するセミナー&交流会です。
自身の可能性とキャリアアップを目指すエンジニアの方、最新ITを自社のビジネスに活かしたい、優秀なエンジニアとの出会いを期待する企業の方のご来場を心からお待ちしています。
[>>申込ページはこちら](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)
 
##登壇者作品④「窓の守」
 
第4回目の今回は、 三﨑 雅史氏(武生工業高校1年)と永宮 正陽氏(武生第一中学校1年)が制作した[「窓の守」](http://hacklog.jp/works/48292)です。
この作品は[ふくいソフトウェアコンペティション](http://www.fisc.jp/fsc/)に応募の際も福井県IT産業団体連合会会長賞を獲得しています。
最初は天気や災害の情報を取得し自動で窓の開閉を行ってくれるシステムを作りたい!と制作を始めていましたが、今では、エアコンモード、外出中モード、メールで不審者を知らせてくれる発見時のモードなど、どんどん新機能を追加しています。
 
この発想力と実装の速さには目を見張るものがあります!
セミナーではどのようにして新しいアイデアを生み出しているのか?時間のない中どうやって実装しているのか?についても聞きたいところです。
31214672336_32a3f7b1ed_z.jpg
 
今回の上坂さんとの対談では、作品の概要と二人の将来についてのお話をしてみました。 ぜひ御覧ください。

 
「窓の守」紹介動画

 
##交流会では作品を触ってみることも!
講演終了後の交流会では受賞作品の体験時間も設けます。作品を触りながら制作者に質問ができる貴重な機会です。
スマホから窓の開閉をしてみたい方は[こちら](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)から申し込みください。
##イベント概要
WS000001.JPG
【イベント名】MashupSummit in FUKUI 2017~デジタル技術の進化と、エンジニアのアイデアがビジネスと社会を変える~
【日   時】平成29年2月12日 13:00~18:30
【会   場】福井県産業情報センター 1階 マルチホール(坂井市丸岡町3-7-1-16)
【定   員】100名
【主   催】(公財)ふくい産業支援センター、Mashup Awards
【協   力】(一社)福井県情報システム工業会、ふくもく会
【内   容】
 **●オープニング**
  [「どこでもMステ」 上坂 哲教氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/_mashupsummit_in_fukui_2017htt.html)
 
 **●第1部~Mashup Awards総括~**
  Mashup Awards 事務局長 伴野 智樹氏
 
 **●第2部~受賞者セミナー~**
  [・「なんとかめーかーりある」 高瀬 理奈氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/212itmashupsummit_in_fukui_201.html)
  [・「トイレの神様」 青島 英和氏、土井 伸陽氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/212itmashupsummit_in_fukui_201_1.html)
  [・「窓の守」 三﨑 雅史氏、永宮 正陽氏](http://www.fisc.jp/weblog/ugf/2017/02/212itmashupsummit_in_fukui_201_2.html)
 
 **●第3部~API提供企業による活用事例紹介~**
  ・「ベンチャー企業が行っているAPI事例」
   Sansan株式会社 山田 ひさのり氏
  ・「マッシュアップアワードとAPI提供」
   サイボウズ株式会社  竹内 能彦氏
  ・「機械学習やAIで変わる仕事のあり方と技術者のあり方」
   日本マイクロソフト株式会社 大森 彩子氏
 
 **●第4部~最優秀賞受賞者セミナー~**
  「YouTubeの映像と連動したマッシュアップ作品を簡単に作れるJavaScriptフレームワーク」
   栗原 一貴氏
 
 イベントに参加を希望する方は[申込ページ](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)よりお申込ください。
 [>>http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/](http://www.kokuchpro.com/event/masummit2017/)
 

このブログについて

アップグレードふくいは、公益財団法人ふくい産業支援センターが実施する、福井県内における異業種交流・ビジネス交流イベント。
毎回業界のトップランナーを招いたセミナー・交流会を通じ、参加者同士の交流が活発に行われています。

プロフィール

(公財)ふくい産業支援センター
アップグレードふくい担当

メールマガジン

イベントの最新情報をいち早くお届けします(バックナンバーはこちらから

▼メールアドレス

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

facebook

アップグレードふくい(異業種交流イベント)
ふくいソフトウェアコンペティション
WCAF(Web Creators Association Fukui)