新着情報・お知らせ

デザインコネクトレクチャー参加者募集!【RENEW/2022 開催前夜トークショー】中川政七商店と考える、工芸と産地の未来。

デザイン・商品開発
募集終了
募集期間
開催日
開催時間 19:30-21:00
開催場所 河和田コミュニティーセンター
ジャンル セミナー、イベント、お知らせ

デザインコネクトレクチャー【RENEW/2022 開催前夜トークショー】中川政七商店と考える、工芸産地の未来。

デザインコネクト事業では、RENEW/2022の開催前夜にあわせ、中川政七商店と“工芸と産地の未来”について考えるトークイベントを開催します。
今年は前乗りして4日間、RENEWを楽しみませんか?ご参加お待ちしております!

======

わずかな人員、あふれ出る作業、尽きない夢。
産地に根差して生きる我々は、いつでも必死に悩みもがいています。
RENEWの幕開けとなる本トークイベントは、
そんなものづくり産地の「未来」を一緒に考える時間にしたいと思っています。

奈良から工芸界を率いる中川政七商店 代表の千石あやさんをゲストに迎え、
小さな会社からどう変わっていったのか、その具体的な事例とともにご紹介。
日々の営みと未来へのヒントがきっと見つかるはずです。

イベントの後半には質疑応答の時間もご用意しているので、
ゲストのお話を聞くのはもちろん、登壇者と会話を交わしながら、
学びや気付きを得ていただく機会としてぜひご参加ください!

つくり手として漆琳堂の内田さん、クリエイターとしてTSUGI新山さんもご登壇します。
明日から始まるRENEW/2022が一層待ち遠しくなるような、
一緒に参加して盛り上がっていただける前夜祭です。

 

>>お申し込みはこちら

 

■トークテーマ
・中川政七商店ってどんな会社?
・経営とブランディングが整うことで、何がどう変わる?
・つくるだけじゃない、届き・伝わることで売上になる。
・将来地方を盛り上げる、関係人口を育てるには。
・参加者の皆さんと考える、工芸や産地の悩みと課題。
※お申し込み時、3名へのご質問やアンケートを受け付けています。

 

■前夜祭トークイベント概要
日時:10月6日(木)19:30-21:00
場所:河和田コミュニティセンター
https://goo.gl/maps/rtNxTWakvtQ4nThZ7
料金:無料
登壇者:
・千石あや(中川政七商店 代表取締役社長)
・内田徹(漆琳堂)
・新山直広(TSUGI)
主催:公益財団法人ふくい産業支援センター(デザイン振興部)
司会:藤田佳代(FMふくいパーソナリティ)

申込:https://forms.gle/rnEF1Actu6DS1nHLA

 

 

■登壇者プロフィール

株式会社中川政七商店 代表取締役社長
千石あや Aya Sengoku

 

 

1976年生まれ。香川県高松市出身。大手印刷会社に入社し、デザイナー、制作ディレクターとして勤務。2011年に中川政七商店に入社し、社長秘書、商品企画課課長、「mino」コンサルティング、「遊中川」ブランドマネージャーなどを経験したのち、2018年3月より社長を務める。

 

 

漆琳堂代表
内田徹 Toru Uchida

 

 

福井県鯖江市出身。創業230年の歴史を持つ漆琳堂の八代目現当主。大学卒業後、六代続く塗師屋家業に就き、祖父、父に漆器づくりの下地と塗りを習う。2012年産地最年少で伝統工芸士となる。2009年~自社ブランドを次々と発表。漆塗りの技術を継承しながら、若手職人の育成や地域の産業観光にも取り組んでいる。

 

 

TSUGI代表
新山直広 Naohiro Niiyama

 

 

1985年大阪生まれ。京都精華大学デザイン学科建築分野卒業。2009年福井県鯖江市に移住し、鯖江市役所を経て2015年TSUGI llc.を設立。地域に特化したインタウンデザイナーとして地場産業のブランディングを行っている。2015年から始まった越前鯖江の産業観光イベント「RENEW」ではディレクターを務める。また通常のデザインワークだけではなく、眼鏡素材を転用したアクセサリーブランド「Sur」、福井のものづくりとデザインを体感できる小さな複合施設「TOURISTORE」、領域を横断しながら創造的な産地づくりを行っている。一般社団法人SOE副理事。京都精華大学伝統産業イノベーションセンター特別共同研究員。