センター事業活用事例

株式会社プロデュースG.C.

総合相談窓口

県内の若手ガイド育成を目指し、ベテランバスガイドが育成会社を設立

代表者名 増田 とし子
所在地 福井市
業種 サービス業
事業内容 バスガイドの育成と新規事業の立ち上げ
PDF https://www.fisc.jp/example/wp-content/uploads/sites/20/2019/09/2019_jirei_1-1.pdf

事業活用までの経緯

 貸切りバスや観光バスに同乗して旅の案内やサービスを行うバスガイド。しかし、近年はガイド付の旅行依頼が減り、それに伴いバス会社で活躍する若手のバスガイドが減少している。そうした状況に危機感を抱いたガイドの有料職業紹介所を運営する増田氏と、その思いに賛同した松田氏(バスガイドをする傍ら専門学校のトラベル学科で非常勤講師を務める)が、ガイド育成会社の設立を模索しはじめたのが2017年の11月頃。取引のあるバス会社に相談に行くと、若手ガイドを育てる事業を好意的に受けとめてもらうと共に、当支援センターの総合相談窓口の利用を勧められ来所した。

活用内容

 マーケティングや事業計画立案などに豊富な指導経験を有する津田均コーディネーターが担当となり、支援センターの総合相談窓口において、事業化に向けた継続的なアドバイスを行った。2018年8月に会社を設立し、バスガイドの募集を開始。同社の取組みを取材した新聞記事がきっかけで県内の20代の方から入社希望があり、発声やマイクの使い方、観光地の知識を深める教本の読み合わせや誘導の仕方などの指導を受け、県内最年少のバスガイドとして初乗車を果たすなど、実績をあげている。

利用された 企業様の声

代表取締役 増田 とし子 氏
 若手の新人のバスガイドを自分たちの手で育てこの仕事を伝えたい。思い
はあっても、どうすれば実現できるかまではわかりませんでしたが、常にプ
ロの目線で私たちを導いてくださって、現在を歩めていることに感謝の気持
ちでいっぱいです。
 北陸新幹線開通までにさらに若手を育てるため、ガイド希望者とスポンサ
ーも募集中です!