研修

仕事の品質と生産性を高める「改善」の具体策

具体的で実践的な取り組み方法をわかりやすく解説!

《終了》
多数のお申し込みありがとうございました

【ねらい・特徴】  オフィス業務においても、仕事の品質や生産性の向上が求められています。
 しかし、要求の多種多様化、仕事の属人化などによって、効率化や生産性向上につながらないといった職場は少なくありません。
 この研修では、製造現場では当たり前の考え方や視点から、一人ひとりの仕事の負担を軽減して、品質と生産性を高めるマインドと改善手法について学びます。具体的で実践的な取り組み方法を、講義と事例・演習でわかりやすく習得します。
【研修日】 10/16(金) (1日/6時間)
【対象者】 管理業務、間接業務に携わる 若手・中堅社員
(総務、人事、営業、生産、物流等の各部門で管理業務、間接業務を担当している方)
※業種は問いません
【受講料】 22,000円 (消費税込)
【講 師】
【定 員】 20名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[500.9KB]
【会 場】 福井県中小企業産業大学校
   ( 福井市下六条町16-15 TEL: 0776-41-3775 )

カリキュラム

プログラム(9:30~16:30)  

■オフィス業務の課題
 ・生産性を意識し高めるマインド
 ・仕事のミスが減らない理由
 ・チーム生産性が高まらない理由

■仕事の2S(整理・整頓)で
 価値のないムダな仕事はやめる
 ・価値のない(低い)仕事をやめる
 ・やり戻しを減らす
 ・仕事の連結で段取り回数を減らす
 ・仕事の一列待ちで特急ロスをなくす
 【演習】ムダの洗い出しと連結改善



■ミスの起きにくい仕事環境をつくり
 計画・段取りをする
 ・1×1によってわかる「必要なモノ」
 ・置き場・ファイル・文書の表示方法を統一
 ・机上ゼロ帰宅で片付けることを習慣化
 ・プロセスマップで現場の知恵を共有
 ・手順を徹底して抜け落ち防止
 ・「想定外」や「リスク」を想定して準備する

■ナレッジを共有する標準化で
 チームの生産性を高める
 ・ナレッジを共有する業務の標準化
 ・ベテランからナレッジを引き出す
 ・流れの標準化と急所の見える化
 ・ナレッジの習熟度を高め、伝承する
 【演習】チーム力を高める「手順書」の作成



お申し込み

この研修は終了しました。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修