研修

【公開講座】越前和紙の進化と可能性

~和紙ソムリエの挑戦からモノづくりを考える~

《募集中》申込締切:2020年12月7日

【ねらい・特徴】  約1500年の歴史を誇る越前和紙の産地である今立地区で創業した杉原商店。杉原 吉直 氏は「羽二重紙」、「ちぎって名刺」、「漆和紙」などの新たな形の和紙を開発し、和紙の新しい楽しみ方を提案し続けています。
伝統を受け継ぎながらも、国際展示会への出展、建築資材としての活用など、和紙の新しい可能性を広げ続けています。
 本講座では、越前和紙の歴史、商品開発の苦労とやりがいなどの話に触れながら新しいことに挑戦する大切さやモノづくりの魅力について考えていただきます。
【研修日】 12/14(月) (1日/1.5時間)
【対象者】 経営者、従業員(モノづくり企業に携わる方など)、学生等
【受講料】 無料
【講 師】
【定 員】 70名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[548.7KB]
【会 場】 福井県立福井産業技術専門学院
   ( 福井市林藤島町20-1-3 TEL: 0776-52-2120 )

カリキュラム

■越前和紙の歴史と魅力
■新商品開発の苦労
 ・新商品開発までの道のり
 ・魅力を伝える商品PR手法
■越前和紙の新たな挑戦
 ・建築分野への活用事例
 ・海外への展開
 ・若手のアイデアが大切!
■今後の展望
 ・ギャラリー整備のねらい
 ・皆さまへのメッセージ

お申し込み

お申し込みいただく前に、講座の内容をご確認ください。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修