研修

説得力を高め問題解決に活かす ロジカルシンキング基礎

《募集中》申込締切:2022年10月21日

【ねらい・特徴】 利害関係者をなかなか説得できないといった対人面での課題や、日常業務が効率的に遂行できないといった実務上の課題を、最短距離で解決してくれるのが「ロジカルシンキング」です。これを身につけることで、自らの発言に説得力が増すことはもちろんのこと、課題解決のアイデアを合理的・論理的・効果的・効率的に導き出すことに繋がります。
この研修では、ロジカルシンキングの基礎知識を理解するとともに、各種フレームワークを活用した演習を豊富に行うことで、ロジカルシンキングの実践力を養います。
【研修日】 10/28(金) (1日/6時間)
【対象者】

中堅社員

〇 筋の通った論理形成により結論につなげたい方

〇 相手に分かりやすく物事を伝えたい方

【受講料】 23,000円(消費税込)
【講 師】
【定 員】 20名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[397.0KB]
【会 場】 福井県中小企業産業大学校
   ( 福井市下六条町16-15 TEL: 0776-41-3775 )

カリキュラム

プログラム(9:30~16:30)  

■ロジカルシンキングとは
 ・結論に説得力を持たせることで
  巻き起こるメリット
   ~議論の曖昧さを排除する~
 ・ロジカルシンキングの基本ルールとは
   ~ロジシン3原則~

■構造化のテクニック
 ・ロジカルシンキングに用いる4つの型
  「樹形図」「マトリクス分析」
  「フロー図」「関係図」
 ・効果が最大化される課題解決手法
 ・課題解決手法プロセス
   ~7STEP Approach~
 ・ファクトを特定、問題を課題形成化する



■数学的フレームワーク
 ・要因分析における
  数学的フレームワーク「MECE」
   ~あの店のラーメンがおいしくない理由
 ・講師泣かせなケーススタディ
  「なぜ、今日の研修は眠くなるのか…?」
 ・特定したファクトを「樹形図」の型を
  活用して要因分析をしてみる

■真因特定と対策
 ・関連性を排除する「論理的思考」
  ~マトリクス分析から~
 ・関連性を許容する「連関図法」
 ・連関図法によるコアファクターの特定
 【ケース演習】



【受講者の声】
  • ペアワークでの実践もあり、課題解決の流れを体系的に学ぶことができた。
  • コミュニケーションに活かせるだけでなく、生活する上で必要なスキルだと感じた。

お申し込み

お申し込みいただく前に、講座の内容をご確認ください。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修