研修

プライシング(値決め)の基礎知識とブランドの歴史【NEW】

円安インフレ時代に知っておきたい「値決め」の本質

《終了》
多数のお申し込みありがとうございました

【ねらい・特徴】 プライシング(値決め)戦略は、企業収益に直接的に多大な影響を及ぼし、顧客の購買意欲にも大きな影響を与えることから、マーケティング戦略の中でも最も重要な要素であると言えます。
この研修では、プライシングを巡るブランドの歴史から管理会計の基本、そして最近の行動経済学の知識を用いながら、顧客満足につながる値決めの方法を、ユニーク&幅広い視点で解説します。
【研修日】 11/17(金) (1日間/6時間)
【対象者】

経営者・経営幹部

〇 自社商品・サービスの価格設定を見直したい方

【受講料】 22,000円(消費税込)
【講 師】
【定 員】 20名
【詳 細】 案内チラシ(PDFファイル)[483.4KB]
【会 場】 福井県中小企業産業大学校
   ( 福井市下六条町16-15 TEL:0776-41-3775 )

カリキュラム

プログラム(9:30~16:30)  

■プライシング(値決め)の重要性
 ・コロナウイルスが値決めにもたらした影響
 ・プライシングの最新動向
 原価計算が通用しなくなった訳
 ~サブスクリプション・心理学の活用~

■プライシングをめぐる2つの歴史
 ・なぜイタリアやフランスは
  高価格ブランドで成功できるのか
 ~カトリックブランドとプロテスタント
  ブランド
 ・なぜ日本では
 「良いモノをより安く」が伝統なのか?
 ~コストプライシングとバリュープライシング


■プライシングに必要な管理会計の基礎
 ・プライシングをめぐる3つの視点
 <自分・ライバル・顧客>
 ・アメリカにおける
 原価計算の誕生とブランドの特質
 ~コカコーラとマクドナルドの
  ブランド共通点
 ・マクドナルドのプライシング

■ビジネス心理学を値決めに活かす
 ・円安インフレによる値上げと
  食品の値上げにみる新戦法
 ・プライシングをめぐる心理学の重要性
 ・知っておきたいプライシング手法
 ・いかに高価格を実現するか?

お申し込み

この研修は終了しました。

カテゴリー

関連事業

IT研修
福井県内中小企業の経営者・従業員、個人事業者を対象にしたIT研修