システム基盤共通 ★★★★☆(応用レベル)[座学演習]

【サテライト講座】
 アプリ開発者のための
 Dockerで学ぶコンテナ仮想化入門

 (コースコード USJ82L)

コース概要

Dockerを実習環境として使用し、コンテナ型仮想化技術の基本的な使用方法を体験します。

開発/テスト環境の構築方法や、コンテナ型仮想化によりアプリケーション開発やデプロイ、バージョンアップ作業などがどのように変化するかを学習します。

初めてコンテナ型仮想化を使用するアプリケーション開発者向けの入門コースです。

到達目標

  • コンテナ型仮想化技術の概要を説明できる。
  • コンテナ型仮想化技術を利用したPaaSの概要を説明できる。
  • アプリケーション開発における、コンテナ型仮想化技術のメリットを説明できる。
  • コンテナ型仮想化技術が導入済みの環境で、コンテナの起動やコンテナイメージのインポート、新たなコンテナイメージの作成などの作業ができる。

受講対象

  • Dockerに関心があり、導入を検討しているアプリケーション開発者。コンテナ型仮想化による、アプリケーション開発手法の変化を把握したいアプリケーション開発者。

前提知識

  • Linuxの基本的な操作(ファイル操作やサービスの起動や停止など)ができることが望ましい。アプリケーション開発工程に関する基本的な知識があることが望ましい。

サテライト講習会について

サテライト講習会とは、(株)富士通ラーニングメディア 品川ラーニングセンター(配信側:東京)にいる講師の講義を、インターネットを経由し、サテライト会場(受信側)のパソコンで受講いただく形態の研修です。 詳しくはコチラ。

◆福井会場での受講は、県内企業・個人の方限定とさせていただきます。

◆福井会場での受講は、必ず当ページから申込手続きをしてください。

◆メイン会場(東京)の申込み状況により、開催中止となる可能性もございます。

申し込み

令和4年2月10日(木) 9:30~17:00  募集中
定員 : 4人
受講料: 21,780円(税込・テキスト料込)
会場 : 福井県産業情報センター

上記受講料は、福井会場限定の料金です。受講は、県内企業・個人の方限定とさせていただきますのでご了承ください。

※正規料金(東京会場での受講の場合):46,200円(税込)
※お申込後、受講の可否については別途ご連絡いたします。

【サテライト】アプリ開発者のための Dockerで学ぶコンテナ仮想化入門 を受講している方はこんな研修を受講しています

月別実施一覧

4月5月6月
7月8月9月
10月11月12月
1月2月3月

ダウンロード(PDF)

    
研修ガイドブック
受講申込書

会場について

研修の会場は、特に記載がない場合は福井県産業情報センターで行います。
福井県産業情報センターのパソコン実習室、会議室、等の内容については個別のページでご確認ください。

リンク集

福井県産業情報センタービル 高機能オフィス(技術開発室)入居者募集のバナー

福井県産業情報センタービル インキュベートルーム(創業支援オフィス)入居者募集のバナー

ふくいナビのバナー

中小企業産業大学校のバナー