熊堂ヒルズ通信

福井県産業情報センター(熊堂ヒルズ)の施設運用担当者が日々の出来事について綴るブログです。インキュベートルーム等の入居施設の活動や、会議室等の貸出施設の活用方法、ソフトパークふくいの立地企業の事業紹介、ソフトパークふくいの活性化に向けての取り組みなどを中心に発信していきます。

はじめの一歩/第1回ソフトパークふくい ランチミーティング

EF%25BC%2591%25E5%259B%259E%25E3%2583%25A9%25E3%2583%25B3%25E3%2583%2581%25E3%2583%259F%25E3%2583%25BC%25E3%2583%2586%25E3%2582%25A3%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B[1]jpg
7月13日の金曜日、のお昼に、「第1回ソフトパークふくい ランチミーティング」を行いました。
ソフトパークふくいは福井県のIT系企業の集積団地で、現在16社が進出し業務を行なっています。
団地の中核施設である福井県産業情報センタービルには、IT企業の入居施設(テナント)があり、そこには創業間もないアントレプレナーや、複数の企業で共同プロジェクトを行う企業グループ、通常のオフィスとして利用している県内外の企業が業務を行なっています。
今回ののランチミーティングは、そんな進出企業とテナントの技術者同士、そしてそれを支援する我々支援センターの職員の交流を目的に開催したものです。
きっかけは共同研究室に入居しているシステムエルフの川岸さんからのアイデアで、もしかすると、私と川岸さんの二人での開催も覚悟していたんですが、冒頭のスナップ写真にもあるように、最終的に8名(ひとりはカメラ役で写っていませんw)の方に参加いただきました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。
ミーティングといっても特にテーマがあるわけではなく、単に集まって各々持ってきたランチを食べながら世間話をしただけなんですが、いろいろな話ができてかなり盛り上がりました。
同じ団地で働きながらもなかなか接点がなく、話をしたことがない人が多いですが、これからも定期的に開き、少しでも交流が活発になればと思っています。

起業者紹介【第2回】:「ニッチ市場でビジネスチャンスを掴む」/(株)福井コミュニケーションサービス

 福井県産業情報センタービルに入居して成功を目指している創業者を紹介していくシリーズ。
 2回目の今回は、この5月に晴れてインキュベートルーム(創業支援オフィス)を卒業し、一般企業が入居する技術開発室に移られた(株)福井コミュニケーションサービス(代表取締役 定池秀雄さん)を紹介いたします。
sadaike.png
はじめに
 全国各地にある牛乳宅配店。早朝、各家庭へ牛乳を宅配する光景を懐かしく思い出す方もいらっしゃるのではないでしょうか。今、その牛乳宅配店に特化したサービスでビジネスチャンスを掴もうとしているのが、今回ご紹介する福井コミュニケーションサービス(以下、FCS社)です。
ウェブ制作から牛乳宅配システムへ
 FCS社が牛乳宅配業界に関わりはじめたのは、起業前から付き合いのあった富山のシステム開発会社が同業界向けの販売管理パッケージ(パッケージ名「モ~太郎」)をバージョンアップするにあたって、FCS社に協力を求めてきたのがきっかけ。
 当時、FCS社は起業したばかり。主に地元の旅館向けのホームページや予約サイト制作をメインに営業活動をしていましたが、大手の旅館・ホテル予約系サイトとの競合で苦戦。方向展開を模索していた時期でもありました。
石の上にも三年
 牛乳宅配業界は、経営者の高齢化が進んでおり、また、家族だけで営業している小規模な店舗も多く、どうしても「コンピュータ=難しいもの」という先入観があり導入が進んでいないのが現状だといいます。
 FCS社ではこのような業界の状況を踏まえて、導入前のデモから導入支援、さらには、導入後のオンラインメンテナンスから電話サポートまで手厚いサポートを展開。これが、ITスキルの高くないユーザーへの販売に繋がっています。こうした地道な取り組みの結果、最近では同業界の大手牛乳メーカーや牛乳宅配業者の団体からお客様を紹介いただける場面もでてきたと言います。
 「ここまでくるのに丸三年かかった。ようやく業界内に人脈もでき、これから数年が勝負。」と定池社長は語ります。
小さな池の大きな魚を目指して
 販売管理ソフトから牛乳業界に関わりはじめたFCS社ですが、その他にも同業界の活性化に繋がるサービスを提供したいと考えているとのことで、定池社長は、「まだ準備中のものが多く全部は伝えられないのですが・・・」と前置きしながらも、牛乳宅配店向けの請求書発行や販促チラシ作成などの代行サービス、宅配店に特化したポータルサイト構築構想やホームページ運用代行サービスなどについて説明をいただきました。
 これらのサービスは、同業界でも特にITスキルの高くない方向けのサービス。特定のユーザー層に特化したサービスで圧倒的なシェアを獲得することで価格競争に巻き込まれない事業展開を行う企業が増えており「小さな池の大きな魚」と表現します。同社は今、小規模牛乳宅配店という「小さい池」の大きな魚となる一歩を踏み出そうとしています。
<事業者情報>
企業名:(株)福井コミュニケーションサービス
代表者:代表取締役 定池秀雄氏
創業年:平成21年
所在地:坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16 福井県産業情報センター8階
従業員:2名
事業内容:牛乳宅配管理システム 企画・開発・販売・運用支援を中心に、各種業務システムの開発、ホームページの作成 等
URL :http://www.fukui-cs.com/

本記事掲載の企業とのビジネス連携をお考えの方は、同社に直接ご連絡いただくか、(公財)ふくい産業支援センター 地域産業支援部 情報化支援グループTEL:0776-67-7411/jyouhou-g[at]fisc.jp)までご相談ください。

2012.07.03 文責;大木