熊堂ヒルズ通信

福井県産業情報センター(熊堂ヒルズ)の施設運用担当者が日々の出来事について綴るブログです。インキュベートルーム等の入居施設の活動や、会議室等の貸出施設の活用方法、ソフトパークふくいの立地企業の事業紹介、ソフトパークふくいの活性化に向けての取り組みなどを中心に発信していきます。

今週の土曜日、コワーキングスペースが臨時オープンします

今週の土曜日(4月18日)の10時から18時まで、コワーキングスペースが臨時オープンします。
エンジニアやデザイナーによるコワーキングイベント「ふくもく会その3~もくもくしなイカ?~」が開催されるためですが、コワーキングスペースを専有するイベントではないので(逆に専有するイベントはできないので)、このイベントに参加しない方でもコワーキングスペースを自由に利用していただけます。
通常は平日しかオープンしていないので、ご興味のある方はこの機会にぜひお越しください。
◯関連リンク
 福井県産業情報センター 7階 コワーキングスペース
福井県産業情報センター コワーキングスペース

月14日ほど、コワーキングスペースに創業マネージャーが常駐することになりました

県内のITを活用した創業や新事業展開を支援することを目的に、コワーキングスペースに創業マネージャーが常駐することになりました。
創業マネージャーはお二人で、それぞれ月7日ほどお願いすることになっています。
詳しくはこちらでご覧ください(全然くわしくないですね・・・すみません)
おいおいご紹介させていただきますので、ちょっとお待ちください。
ではでは

熊堂ヒルズ7階にコワーキングスペースがオープン!

12月から始まった改修工事もようやく終了し、めでたく熊堂ヒルズ7階にコワーキングスペースがオープンしました。
Wifi完備の26席が無料で利用できます。
個人での利用はもちろん、グループでの利用も可能となっています。
原則として平日の9時から21時までオープンしていますのでお気軽にご活用ください。

熊堂ヒルズ、只今改装中!

熊堂ヒルズ改装中
大木@熊堂ヒルズです。
現在、熊堂ヒルズの6,7階では改修工事が始まっています。
今回の改修工事では、7階にコーワーキングスペースが整備されるのと同時に、入居施設が小面積で利用しやすいように改装されます。県内の創業者がより使いやすくなり、熊堂ヒルズが今以上に県内IT系創業者が集う場所になるはずです。っていうか、そうしなくちゃいけないですね!
ちなみに、コワーキングスペースが整備される7階が1月末完成、6階が3月下旬に完成予定です(6階の工事は2月から)。
より使いやすくなる熊堂ヒルズをぜひお楽しみに!

攻めのIT経営中小企業百選への応募について

大木@熊堂ヒルズです。
経済産業省が現在「攻めのIT経営中小企業百選」の募集しています。
公式の募集ページはこちらです。
> 「攻めのIT経営」中小企業百選(経済産業省)
正直、この年末の忙しい時に対応できる企業さんはいないんじゃなかろうか、と思いますが、応募してもいいかなと思った方はとりあえず、平成26年12月12日(金)までにこちらのフォームから事前申し込みを済ませると良いでしょう。
事前申込みをすると、応募書類の締め切りが来年の1月8日(木)までに伸びますんで(してない方は、12月25日までです)。
以下、審査基準を抜粋。

審査基準
 攻めのIT企業選定にあたっては、既存ビジネスの強化による利益の拡大を目指し、ないしは新事業への進出によって新たな価値の創出を目指し、IT経営及びIT利活用に取り組み成果を実現している企業を、以下の4つの観点から評価選定します。
Ⅰ.現状把握に基づく的確な経営計画策定や、計画における攻めのIT投資・利活用の位置付けについて
1) 経営計画策定にあたって、経営者が把握すべき財務実態や将来方針を考えるための経営環境変化等、自社の現状をデータに基づいて的確に把握し分析ができているか。経営計画の策定根拠となる事実の把握や確認が的確にできているか。
2) 現状把握に基づき、実現すべき目標やプロセスを明確にした経営計画が策定され、文書化され、共有されているか。
3) 経営計画の中では、既存事業の強化を目的とした取り組みに対するIT利活用が組み込まれているか。
4) 経営計画の中では、新規分野への進出や新規事業の確立を目的とした取り組みに対するIT利活用が組み込まれているか。
Ⅱ.攻めのIT投資・利活用の取組に関わる社内体制及び人材について
1) 経営トップが方針を示し、IT利活用について全社一丸となった推進が行われているか
2) 経営計画実現のためのIT利活用を進めるにあたって、的確な役割分担や推進運営が行われているか
3) 経営計画実現のためのIT利活用を進めるにあたって、社内の人材育成は行われているか
4) 経営計画実現のためのIT利活用を進めるにあたって、外部人材、他企業との連携、施策制度の活用等を行っているか 5
Ⅲ.攻めのIT投資・利活用の実施状況(経営計画実現や事業革新のためのIT投資・利活用について)
1) 経営計画実現の一環として、事業活動のベースとなるITの利活用を行っているか
2) 人、もの、金等の管理すべき項目の把握に基づく的確な経営判断の実現を目的としたIT利活用を行っているか
3) 顧客獲得を目的とした、HP、SNS、メルマガ等による情報発信や、顧客情報を収集し分析し活用するためのIT利活用を行っているか
4) 既存事業分野における新商品や新サービスの開発や、新規事業への進出などを行う上で、IT利活用を行っているか
Ⅳ.攻めのIT投資の効果及び事後評価の状況について(経営計画実現を目指した取り組みの成果評価)
1) 経営計画で目標とした売上・利益についての定量的成果は得られているか
2) 既存事業分野について実現目標とした取り組みテーマについての定量的成果は得られているか
3) 新規分野への進出について実現目標とした取り組みテーマについての定量的成果は得られているか
4) 経営計画で期待した定性的な成果や従来からの変化の面での成果が得られているか

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ