アップグレードふくい担当者ブログ -福井のWeb・IT系ビジネス交流イベント-

福井県のビジネス交流イベント「アップグレードふくい(略名UGF)」に関する話題を中心に、ウェブ・映像等業務などに関連する情報をお届けします。

まつもとゆきひろ(Matz)氏、米Heroku社のRubyチーフアーキテクトに就任へ。

[速報]まつもとゆきひろ氏、米HerokuのRubyチーフアーキテクトに就任 | Publickey
朝一のRSSフィードチェックで「おお」という感じのニュースが。
オープンソースのプログラミング言語「Ruby」の開発者であるMatz(まつもとゆきひろ)氏が、Ruby on RailsのPaaSなどをクラウドで提供しているHeroku社にRubyチーフアーキテクトとして就任することが決まったそうです。
(Rubyの開発コアメンバー数人も、あわせてスタッフとなる方向で話が進んでいるとのこと)
今回の就任に際しては「Rubyの開発支援」を戦略的に推し進める米セールスフォース・ドットコムの意向が強いそうで、この流れに沿って昨年12月にHerokuを買収し、今回の就任にこぎつけたのではないかとのこと。
今回の件により、Rubyの開発が加速することは間違いないでしょう。
未来のクラウド事業の中核を担う技術になっていくことを期待しています。
で、ここからは余談を一つ。
Matzさんには、学生向けの事業「ふくい情報産業魅力発見フェア」にて一度お越しいただいたことがありまして、その際駅までの送迎をさせていただいたことがございます。
業界の最前線で活躍されている方というのは、何かしらオーラというかそうした空気感(←悪い意味ではないですよ)をお持ちになっている方が多いのですが、Matzさんは私が見てきた大方の開発好きな方々がお持ちになっているようなフレンドリーな雰囲気で、とても気軽にお話しできたのが印象に残っています。
なお、Matzさんは今まで同様、ネットワーク応用通信研究所フェロー、楽天技術研究所フェロー、Rubyアソシエーション理事長といった肩書きはそのまま持ち続けるとのこと。
Matz氏のさらなる活躍を心よりお祈りしています。
関連記事:
 ・[速報]まつもとゆきひろ氏、米HerokuのRubyチーフアーキテクトに就任 – Publickey
 ・Matz氏がHerokuに入社 – Heroku

このブログについて

アップグレードふくいは、公益財団法人ふくい産業支援センターが実施する、福井県内における異業種交流・ビジネス交流イベント。
毎回業界のトップランナーを招いたセミナー・交流会を通じ、参加者同士の交流が活発に行われています。

プロフィール

(公財)ふくい産業支援センター
アップグレードふくい担当

メールマガジン

イベントの最新情報をいち早くお届けします(バックナンバーはこちらから

▼メールアドレス

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

facebook

アップグレードふくい(異業種交流イベント)
ふくいソフトウェアコンペティション
WCAF(Web Creators Association Fukui)