アップグレードふくい担当者ブログ -福井のWeb・IT系ビジネス交流イベント-

福井県のビジネス交流イベント「アップグレードふくい(略名UGF)」に関する話題を中心に、ウェブ・映像等業務などに関連する情報をお届けします。

[4/30]東北関東大震災チャリティーライブ(川本真琴、ナナ・イロ、Power notes)

お知らせ | ☆ナナ・イロに塗りかえて☆ ~ナナ・イロの毎日~
今回の震災に向けての支援活動の一つの形ということで、今回は地元福井県にて行われるチャリティーライブのご紹介。川本真琴さん、ナナ・イロさんなど地元にゆかりのあるアーティストが共演する豪華なイベントに1,000円で参加できるとのこと。
エントリーだけですと、どのような形でチャリティーにつながるのかなどの詳細は不明ではありますが、立場が違う個人ごとにできることからという意味でも、アーティストのみなさんのこうした試みは心から応援したいと思っています。
東北関東大震災チャリティーライブ
日時:2011年4月30日(土)(午後6時オープン、7時スタート)
場所:岡本公民館
出演:川本真琴、ナナ・イロ、Power notes
参加費:1,000円
住所:福井県越前市定友町10-2-2(越前市立生涯学習センター)
お問い合わせ:
 090-9768-3663(うえさか) 090-1310-9108(みのわ)
後援:岡本公民館
協力:NPOのっぽえちぜん 株式会社MUSIC PRESTO
   有限会社タツタ たんなん夢レディオ 絵手紙仲間有志会
   茶コール 夢の会 DELTA Drumtech Team
   白田 将悟(楽曲提供)
主催:HOPE Rising sun project、今立ミュージッククラブ
[お知らせ | ☆ナナ・イロに塗りかえて☆ ~ナナ・イロの毎日~]

福井県被災者受入相談室(各市町の受入情報リンクあり)

福井県被災者受入相談室 | 福井県
福井県の公式情報として出されている「福井県被災者受入相談室」サイトのご紹介。
東北地方太平洋沖地震により被災された方々を支援するため、福井県への移住についての相談窓口を開設・紹介しています。
福井県内の市町村において行われている被災者受入相談窓口に関するリンクなども紹介されている他、現時点での受入れ状況に関するデータなども紹介されておりますので、併せてご覧いただければと思います。
開設日時:平成23年3月17日(木)から当分の間
     午前8時30分~午後8時(当面の間、土、日、祝日も開設)
業務内容:
 1. 住宅(公営住宅、空き家、賃貸アパート等)に関する情報の提供
 2. 保育園、学校等の受入れに関する相談
 3. 医療・福祉等に関する相談
 4. 市町との連絡調整
 5. その他(就労等の相談)
詳しくは、下記リンク先をご覧くださいませ。
[福井県被災者受入相談室 | 福井県]

危機対策・防災情報ポータルサイト(福井県)

福井県危機対策・防災情報ポータルサイト|福井県
福井県による危機対策・防災情報ポータルサイトのページを見つけましたので、ブログでもご紹介。東北地方太平洋沖地震に関する福井県の対応状況はもちろん、福井県を含めた原子力防災に関する情報などを得ることができます。
また、今回の震災に関連するボランティア登録や義援金受付情報なども掲載されておりますので、ぜひチェックしていただければと思います。
[福井県危機対策・防災情報ポータルサイト|福井県]

「東北地方太平洋沖地震災害中小企業特別相談窓口」を設置しました。

「東北地方太平洋沖地震災害中小企業特別相談窓口」を設けました。 | 財団法人ふくい産業支援センター
今般発生した東北地方太平洋沖地震は、被災地域が広域かつ災害規模も未曾有の状態となっています。現在、直接罹災した企業は営業再開の目途が立たず、直接の被害は免れても、取引先の機能回復の遅れや、生産活動に伴う仕入材料の入手困難、受注品のキャンセルなど間接的に今後の経済活動面で、売上高の確保や資金繰りなど喫緊の経営課題として大きな障害となることが懸念されています。
そこで、財団法人ふくい産業支援センターでは、国、県をはじめ他の産業支援機関等と連携し、今般の地震災害に関する特別相談窓口を開設。福井県内企業への災害の実態把握に努めるとともに、経営課題に対して適時適切にアドバイスによる経営体質の向上を図ることを目的として「東北地方太平洋沖地震災害中小企業特別相談窓口」を設置いたしました。
開設期間:平成23年3月23日(水)~当分の間(平日)8時30分~17時15分
開設場所:財団法人ふくい産業支援センター 新事業支援部内
    (坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16 福井県産業情報センター )
相談応対者:新事業コーディネーター、財団法人ふくい産業支援センター職員
相談内容:
 1. 金融相談(制度融資の紹介、資金計画の作成支援、融資申込窓口の紹介など)
 2. 創業相談(創業に関する事業計画支援など)
3. その他経営全般に関する相談
お問い合わせ先:
 新事業支援部 総合相談・創業支援グループ(ホームページからのお問い合わせ
 Tel. 0776-67-7400、Fax. 0776-67-7429
[「東北地方太平洋沖地震災害中小企業特別相談窓口」を設けました。 | 財団法人ふくい産業支援センター]

[3/23]緊急時に見えたネットの未来(どっと混む福井&OSMC 震災チャリティシンポジウム)

緊急時に見えたネットの未来 | どっと混む福井&OSMC 震災チャリティシンポジウム
福井県でインターネットビジネスを営む経営者による勉強会「福井インターネット通販研究会(通称:どっと混むふくい)」では、全国的なネットショップの会員制勉強会組織である「オンラインショップマスターズクラブ(略称:OSMC)」と共同で、2011年3月23日、福井県産業支援センター・マルチホールにて、ドネーション(寄付)型シンポジウム「緊急時に見えたインターネットの未来」を開催します。
今回の東北関東大震災では、TwitterやFacebook、Ustreamといったインターネットを活用したソーシャルメディアが情報の伝達に大きな影響を与え、インターネットがマスメディアとは違った形で、即時性と真実を伝えるメディアに成長していることが実証されました。
その半面、信憑性の低い情報の伝搬やデマの拡散を誘発するなどメディアとしていまだ未成熟な部分もあらわになりました。また、電気がない場所でのネットの無力さ、携帯すら使えない場合のネットの限界も明らかになりました。
本イベントでは、今回の緊急時にネットで起こった現状を直視し、この素晴らしいメディアをいかに磨き上げ、活用するための知恵と文化をいかにして育てていくのか、また復興の場面でいかにしてインターネットを有効に活用していくのかについて、シンポジウム形式で議論します。
————————————————————
「緊急時に見えたインターネットの未来」
(どっと混む福井&OSMC 震災チャリティシンポジウム)

————————————————————
日時:2011年03月23日(18時~20時)
場所:福井県産業情報センター マルチホール(福井県坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16)
<出演者>
・パネラー
※(株)しんけん 井場元伸幸(OSMC会員、大阪府)
大阪市在住。銀座大賀靴工房・ 情熱ドットコム等のネット通販サイトを運営。3月16日に、茨城県高萩市の草間市長からの要請で大阪から支援物資を搬送した。
※ジェイグルーブネットワークス 松本賢一(OSMC会員、大阪府)
大阪市在住。ネットショップ運営に関するセミナー・講演等で、全国各地を飛び回る講演家。阪神大震災で仮設住宅暮らしの経験から,今回の震災対応への提言を持つ。
※(株)西村金属 西村昭宏(どっと混む福井会員、福井県鯖江市)
鯖江市在住。精密加工技術とネットを武器に受注を獲得しつづける鯖江の製造業。今回の震災では、twitterとfacebookを駆使し、被災地にある製造業仲間を支援した。
・コーディネーター
※(株)こきょう 森本繁生(OSMC 会長、大阪府)
大阪市在住。全国約700社参加のネットショップ会員制勉強会「オンラインショップマスターズクラブ(OSMC)」の会長として、全国各地で勉強会を実施している。
参加費について:
本イベントの参加費は、1円以上で参加者ご自身にお決めいただき、会場の募金箱にお入れいただく形といたします。当日集めた参加費の全額は、日本赤十字社の「東北関東大震災義援金」に寄付いたします。
後援:財団法人ふくい産業支援センター
詳細および申込については、下記リンク先をご覧ください。
[緊急時に見えたネットの未来 | どっと混む福井&OSMC 震災チャリティシンポジウム]

このブログについて

アップグレードふくいは、公益財団法人ふくい産業支援センターが実施する、福井県内における異業種交流・ビジネス交流イベント。
毎回業界のトップランナーを招いたセミナー・交流会を通じ、参加者同士の交流が活発に行われています。

プロフィール

(公財)ふくい産業支援センター
アップグレードふくい担当

メールマガジン

イベントの最新情報をいち早くお届けします(バックナンバーはこちらから

▼メールアドレス

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

facebook

アップグレードふくい(異業種交流イベント)
ふくいソフトウェアコンペティション
WCAF(Web Creators Association Fukui)