アップグレードふくい担当者ブログ -福井のWeb・IT系ビジネス交流イベント-

福井県のビジネス交流イベント「アップグレードふくい(略名UGF)」に関する話題を中心に、ウェブ・映像等業務などに関連する情報をお届けします。

ゲームハッカソン -enchant.js meetup- 2日目レポート!( #hfukui #fukuiapp )

IMG_9469.JPG
(各アプリタイトル(案)について。画像は、最終的な順位を示すものではございません。)
(参考:ハッカソンを通じ公開されたゲームアプリの一覧 | 2012年7月17日時点)
タッチじゃんけん
ともだち崩し(仮 – 9leap
ピラミッド神経衰弱 – 9leap
+MOVE
TIGER – 9leap
メルヘン脱出RPG 森からの脱出 – 9leap
さてさて、先週の土曜日(7月7日)に「ゲームハッカソン -enchant.js meetup- -ふくいご当地アプリ開発プロジェクト-」の2日目(ハッカソン(開発作業)&発表・表彰)が、無事終了いたしましたので簡単ながら報告レポートをアップさせていただきますね。
(初日の様子はこちら。 → ゲームハッカソン -enchant.js meetup- 初日レポート!
なお、2日間のイベント通じてのツィートをまとめましたので、こちらもぜひ。
 → まとめ「ゲームハッカソン -enchant.js meetup- -ふくいご当地アプリ開発プロジェクト | Togetter

IMG_9452.JPG
さて、2日目は、朝10時(会場は9時前より開場)からスタート。
ちょっと天気はあいにくの荒れ模様でしたが、発表時間である夕方16時40分に向けて、個人・グループ毎に参加された皆さんの開発作業が進みます。

IMG_9455.JPG
IMG_9456.JPG
IMG_9457.JPG
みなさん、お昼休憩もそこそこに、時折ワイワイ楽しみつつも、集中して作業をされていらっしゃいました。

IMG_9463.JPG
IMG_9465.JPG
IMG_9466.JPG
といいつつ、自分も合間の時間を見つけて、サイト「ドットインストール」でチュートリアルにトライしつつ、ゲーム(と呼べる2歩手前程度)を作っていたのは内緒の方向で(笑))
ただ、自分でもある程度形にできる位、enchant.jsの入口部分(敷居)が低めに設定されているのはすばらしいなあと実感しました。
(参考)「3分動画でマスターする初心者向けプログラミング学習サイト – ドットインストール

IMG_9467.JPG
IMG_9468.JPG
という訳で、ほんとあっという間という感じで開発作業のリミットである16時40分となりました!
この後、軽い休憩をはさみつつ、事前のくじ引きを通じ決定した順番に従いプレゼンタイムに移行します。

IMG_9469.JPG
 ※0から12までの、合計13組(といいつつ、個人での取り組みの方が多いくらいでした)によるプレゼン一覧。
 ※プレゼン準備の関係で、上記画像と実際のプレゼン順は一部変更となりました。

[00]アプリ「タッチじゃんけん」の、最終プレゼン。
IMG_9472.JPG
制限時間内に、じゃんけんで勝った数を競うゲーム。
コンセプトがシンプルでわかりやすいですねー。
IMG_9473.JPG
IMG_9474.JPG
なお、公開先(9leap)にて、プレイ可能! → 「タッチじゃんけん
ぜひ、皆さん、プレイしてみてくださいね。

[01]「あきよし」による、最終プレゼン。
IMG_9475.JPG
名前(ネーミングで)で、軽くと聴衆を味方につけます(笑)。
IMG_9476.JPG
ゲーム自体は、画面に出てくる色々な串の中から、お題に沿った串(例:串カツ)のみをタップして行くシンプルなゲーム。
IMG_9477.JPG
ちょっと写真をうまくとりきれなかったのですが、全部の串を取った後のアニメーションなど、短時間ながら凝っていて、素晴らしいなと。
IMG_9478.JPG
継続して開発・公開された際は、全方位的に紹介したいと思いますので、ぜひご一報くださいね。

[02]「友達くずし」による、最終プレゼン。
IMG_9480.JPG
ゲームコンセプトは、ツイッターのアイコン画像を元に、ブロック崩しゲームを行い、その壊した割合を競うというもの。
IMG_9481.JPG
プレゼンテーションの時の雰囲気をほぼ再現する形で実装されていて、感心しました。
画像を拡大することにより、アタリ判定の部分がうまくいかなかったようですが、それも含めプレイ風景が面白かったです。
IMG_9482.JPG
そして未完成状態ながらも、既に9leapsでも公開済とのこと。 → 「ともだち崩し(仮 – 9leap
っていうか、全く未完成に感じません。ま、まじですげー。
プレイできる環境がある方は、ぜひトライしてみてくださいませ!
(既に、清水さんのアドバイスコメントついてます!(感謝))

[03]「ザ・ザリガニ」による、最終プレゼン。
IMG_9485.JPG
制限時間(朝から夕方日が落ちるまで)のうちに、ザリガニを捕まえていくというもの。
ザリガニには、番号が振ってあり、その順番に沿って捕まえて行かないといけません。
IMG_9483.JPG
デザインされる方がいらっしゃることもあり、タイトルやゲームのプレイ画面も非常にリッチな感じ。
IMG_9487.JPG
プレイ画面では、ボスキャラ的なザリガニがいたりなど、見た目に楽しめるゲームでした。、
あと、写真ではとらえきれなかったのですが、一瞬「フクイラプトル(≒リュウタオスw)」的な隠れキャラも出現しました(笑)
IMG_9488.JPG
こちらもぜひぜひ公開まで持って行っていただけることを期待しております。

[04]「メルヘン脱出RPG・森からの脱出」による、最終プレゼン。
IMG_9491.JPG
2名チームで開発予定のアプリでしたが、急きょおひとりでの開発ということで、大変だったのではないかと思います。
IMG_9490.JPG
そのような中、初日のアイディアソンで発表されていたコンセプトは、基本実装されていて、本当に素晴らしいなと。
IMG_9492.JPG
ダンジョン自体を、自動生成するような仕様のため、初回のプレイ時には、完全なる無理ゲーになっていたのがうけました(笑)
IMG_9493.JPG
とはいえ、2回目のテストプレイでは見事に脱出成功!!(お見事)
こちらもぜひプレイしてみたいので、公開まで持って行ってくださいね。

[05]「サンドドッグ(チーム名:ザ・3ドッグス)」による、最終プレゼン。
IMG_9494.JPG
IMG_9495.JPG
おお、ゲーマーにはおなじみの未成年向けの警告画面が!?
なんか怖いキャラでも出てくるんでしょうか?
IMG_9496.JPG
おお、なんか、ちょっとカッコいいぞ!!!
でも、この絵、自分で書いてない雰囲気がプンプンしますが(笑)

その後、満を持して「実装画面、どーーーん!!!」
IMG_9497.JPG
as soon as ウけました(笑)
IMG_9498.JPG
基本は、サンドバッグのように、画像のワンちゃんを殴るという、ちょっと道徳的にどうなんだなゲーム内容な気もしましたが、ゲーム終了時のメッセージがまたなんともいえず・・・(笑)。
結果だけを言いますと、非常に面白かったです!

[06]「ピラミッド神経衰弱」による、最終プレゼン。
IMG_9499.JPG
ピラミッド状態で配置された神経衰弱ですが、オリジナル要素を取り込んだ形で作成されています。
IMG_9501.JPG
「5」は5枚、「6」は6枚あるので、数字が増えていくほど難易度があがります。
IMG_9502.JPG
なお、このゲームは、なんと既にプレイ可能!!! → 「ピラミッド神経衰弱 – 9leap
ぜひ、皆さん、プレイしてみてくださいね。
(既に、清水さんのアドバイスコメントついてます(感謝))

[07]「はるさめ」による、最終プレゼン。
IMG_9504.JPG
あの有名なゲーム「上海」のようなゲームを実装されていました。
線でつないで、線が2回曲がるまでOKの部分のブロック同士をはずすことができるとのこと。
IMG_9505.JPG
発表の際は、まだバグもあるとのことでしたが、デモではしっかり動いていましたよ。
ただ、ゲームルール上(仕様上?)、基本無理ゲーだそうです(笑)
IMG_9506.JPG
開発を担当された方が、テストプレイをしていると夢中になってしまうほどの中毒性だったとのこと。
プレイするのが非常に楽しみでもありますので、ぜひぜひ公開まで持って行ってくださいね。

[08]「+MOVE」による、最終プレゼン。
IMG_9507.JPG
アイディアソンで見事、最優秀賞に輝いた彼女のアプリ「+MOVE」。
アイディアソンでの宣言通り、きっちりと(4×4の)15パズルを実装されていました。
IMG_9508.JPG
しかし、アプリの開発力もさることながら、時間内にプレゼン資料を作り、なおかつしっかりしたプレゼン力を披露する彼女のポテンシャルは非常に高いっすね~。素晴らしいです。
IMG_9509.JPG
あと、何気に、デモを通じて動画が背景になっている15パズルを、解いて見せたのにも驚きました!
(最後、「この辺グチャグチャやればできます~」っていうのがツボでした(笑))
IMG_9510.JPG
そして、こちらのームも、既にプレイ可能です! → 「+MOVE
ぜひ、皆さん、プレイしてみてくださいね。

[09]「カラーキャッチ」による、最終プレゼン。
IMG_9512.JPG
カラーキャッチは、色に関する漢字が書いてあるカラーパネルについて、出されたお題に沿ってタップしていくという、シンプルなコンセプトのゲーム。
IMG_9513.JPG
プレゼン時のデモプレイを通じ拝見しましたが、既にきちんと実装されていて素晴らしいなと。
IMG_9514.JPG
ぜひぜひ、公開された際は、事務局にもご連絡くださいね。
全方位的に紹介させていただきたいと思います!

[10]「10Hit」による、最終プレゼン。
IMG_9516.JPG
「10Hit」は、ご存知デザイナーである佐々木さんが一人で実装までされたアプリ(素晴らしい!)。
IMG_9518.JPG
おちてくる数字と、ぶつける数字が足して10になるようにあてていくというコンセプトのゲームです。
IMG_9519.JPG
出てくる場所が色々ランダム設定だそうで、デモの前半はかなり無理ゲーっぽかった半面、後半は連続ヒットを決め込んでおりました(笑)
IMG_9520.JPG
今後の展望なども既にしっかり見据えているとのこと。
IMG_9521.JPG
目標の中に、「100万円をコンテストで・・・」という文字を見つけましたので、今年はこの方に品川に連れて行ってもらいたいと強く思いました!

[11]「つぼゲー」による、最終プレゼン。
IMG_9522.JPG
体の悪い患者さんのツボを押していくことで、何人治療できるかを競うコンセプトのゲーム。
IMG_9523.JPG
デザイナーさんが参加されているチームらしく、タイトル画面からして、既に完成度MAX!
IMG_9524.JPG
ツボのところに配置されている「イガイガなキャラ」かなり雰囲気出てます(笑)
IMG_9527.JPG
ゲームデモも結構スムーズにできていて、一人治療を終えると、横からもう一人の患者さんがスライドインしてくるなど、クウォリティが高いなあと感心しました!

[12]「タイガー」による、最終プレゼン。
IMG_9528.JPG
本格派のシューティングゲームを作成するという、アイディアソン時のプレゼン通り、きっちりシューティングゲームとして完成していました。
IMG_9529.JPG
IMG_9530.JPG
敵機のスピードは遅めな半面、銃器の火力は最初からMAX!
という感じで、恐ろしいスピードでミサイル的なものが放たれておりました。
(私がプレイしていたら、as soon as 破壊されていたものと思われます)
IMG_9531.JPG
未完成状態ながら、何気に、9leapsでも公開済とのこと。 → 「TIGER – 9leap
っていうか、全く未完成に感じません。ま、まじですげー。
プレイできる環境がある方は、ぜひトライしてみてくださいませ!
(既に、清水さんのアドバイスコメントついてます(感謝))

という訳で、全グループの発表が終了!
そのまま、1人1票持っての投票タイムにうつります(緊張の瞬間)。
IMG_9532.JPG
IMG_9534.JPG
そして、色々なチームに票が入りつつ、最終的に・・・。
IMG_9535.JPG
なんと、「ピラミッド神経衰弱」と「+MOVE」が、同率で1位!
IMG_9536.JPG

という訳で、最後は、2つのソフトに絞り、最終投票へ・・・。
IMG_9537.JPG
IMG_9538.JPG
その結果・・・・。
わー、やったーーーー。
IMG_9540.JPG
という訳で、「+MOVE」が、今回のハッカソンにおける最優秀賞となりましたっ。
(アイディアソンに続いての連覇、おめでとうございます!)
IMG_9542.JPG
IMG_9543.JPG
ということで、今回も無事にハッカソンイベントが終了いたしました。
2週にわたり、参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!
また、初日に東京より参加し、また公開されたアプリに対しコメントなどいただきました、清水亮さん(株式会社ユビキタスエンターテインメント 代表取締役社長 兼 CEO)も、本当にありがとうございました!
なお、引き続き、(公財)ふくい産業支援センターでは「ふくいご当地アプリプロジェクト」と題し、今回のようなハッカソンイベントはもちろん、「7月のアプリ博 in ベル」・「10月のご当地アプリ博」等さまざまな形で、県内のIT関連の事業者・開発者・デザイナー等のみなさんをサポートしていきます。
また、噂レベルですが、ぼちぼち「あの国内最大規模のアプリ開発コンテスト」も動き出すようですので(笑)、その際は、私としても全力で関連イベントを誘致できるよう、ガシガシ働きかけたいと思います。
という訳で、引き続きどうぞよろしくお願いいたします!
追伸(ミニ告知):
 今夜は「Bar Android@SABAE#2 | メガネ会館にて開催」にて、お会いいたしましょう!

ゲームハッカソン -enchant.js meetup- 初日レポート!( #hfukui #fukuiapp )

enchantjs20120702.jpg
さて、(公財)ふくい産業支援センターが今年度より取り組みます「ふくいご当地アプリ開発プロジェクト」の第2弾イベントゲームハッカソン -enchant.js meetup-の初日(清水亮さん(株式会社ユビキタスエンターテインメント 代表取締役社長 兼 CEO)によるenchant.js関連セミナー&アイディアソン)が、終了しましたので簡単ながら報告レポートをアップいたします。
(2日目の様子はこちらをどうぞ。 → ゲームハッカソン -enchant.js meetup- 2日目レポート!
当日は、20人後半(関係者含む)のみなさんにご参加いただきました。
お忙しい中、本当にありがとうございます!
IMG_9344.JPG
まず最初は手短に、私の方から「ふくいご当地アプリ開発プロジェクト」の趣旨や、今後の取り組み「ふくいご当地アプリ博2012( in ベル」や「ふくいご当地アプリ博2012( in ふくいITフォーラム」などについて軽くご紹介させていただきました。
(なお、今回のハッカソンを通じ公開されたアプリは、アプリ博(in ふくいITフォーラム)にて無料紹介する予定です。ぜひ皆さん頑張って1つでも多く公開までもっていってくださいね)
【enchant.js関連セミナー(二本立て)】
IMG_9360.JPG
その後は、すぐにみなさんお待ちかねのセミナーへ。
enchant.js」について、清水亮さん(株式会社ユビキタスエンターテインメント 代表取締役社長 兼 CEO)のお話が直接お聞きできるということで、非常に貴重な機会となりました。
なお、清水さんからは、ブログを通じセミナー参加者向けに事前に資料をご提供いただきましたので、当方のブログでもご紹介させていただきます。
[このあとすぐ]アップグレードふくい enchant.js meetup 資料はこちらです – wise9
IMG_9350.JPG
1つ目のセミナーでは、enchant.jsに関する特徴紹介等にはじまり、すぐにやってみようenchant.jsということで、ライブコーディングを交えつつスピーディーな進行ながらも、非常にわかりやすくご説明いただきました。
また、後半には、今後のenchant.jsの展開(汎用UIライブラリ(widget.enchant.js)や3Dゲーム開発用ライブラリ(gl.enchant.js))等の紹介などまでしていただきました。
IMG_9344.JPG
そして、休憩をはさんで、後半のセミナーでは「ゲーム企画に向けてのウォーミングアップ」という形で、ゲーム作りの手順や企画の作り方、そして実際にセミナー時間にライブコーディングを行い、実際にゲームを作ってしまうというデモ(すごい)も合わせて行われました!
IMG_9354.JPG
そして、学生から25歳以下の方が対象のゲーム開発コンテスト「9leap 2012」や、世界最大のゲーム開発者会議「GDC(Game Developers Conference)」の紹介。
また、社会人でも挑戦可能な「9Days Challenge」や、「open leap 2012(大賞・賞金100万円)」等もご紹介いただきました。
今回のハッカソンを通じ、ゲームを作成・公開される際は、ぜひこうしたコンテストも意識しつつ積極的にトライしていただき、昨年の「Mashup Awards 7における中西さん」に続くような人材が、今回のハッカソンをきっかけに生まれることを祈りつつ、事務局も精一杯サポートさせていただきたいと思います。

【アイディアソン&プレゼン】
IMG_9367.JPG
そして、ここからは、休憩をはさみ、希望するゲームのジャンル毎にざっくりとチーム分けをした後、アイディアソン(2日目の1日をかけて作るゲームのアイディアだしからプレゼン準備までの作業)に入ります。
IMG_9363.JPG
IMG_9364.JPG
今回は、enchant.js関連のハッカソンイベントでの進め方について清水さんのアドバイスなどいただきつつ、比較的少人数のグループ設定を模索します。
IMG_9368.JPG
みなさんわきあいあいとしながらも色々とアイディアだしが続き、最終的には、13のゲーム(個人含む)アイディアができあがり、それぞれプレゼンすることになりました!
IMG_9369.jpg
という訳で、でてきた13のゲームタイトル(予定含む)は以下の通り。
 [01]つぼゲー
 [02]神経衰弱
 [03]3D風迷路
 [04]10HIT
 [05]ジャンケン
 [06]タイガー
 [07]たこ殴り
 [08]友達くずし
 [09]ザ・ザリガニ
 [10]16パズル
 [11]あ・きよし
 [12]カラーキャッチ
 [13]はるさめ
そして、各チームのプレゼン毎に、セミナー講師の清水さんからの講評をいただけるという何とも貴重なアイディアソンの発表会となりました。

という訳で、まずは、[01]「つぼゲー」によるプレゼン。
指定されたツボを的確に押していくことで、何人の患者を治せるかを競うとのこと。
IMG_9370.JPG
清水さんからは、ステージ構成を増やすなどすると面白くなりそうとのアドバイスをいただきました。
IMG_9372.JPG

続いて、[02]「神経衰弱」のプレゼン。
神経衰弱といっても、オリジナル要素を取り込んだ形で作成されるとのこと。
(どのようなルール化は覚えているんですが、公開されるまでウェブ上ではやもやさせておきます(笑))
IMG_9375.JPG
オリジナル要素に関して、清水さんもなかなか面白いのではないか、と高評価であったように感じました。
IMG_9376.JPG

続いて、[03]「3D風迷路」のプレゼン。
3Dということでしたが、プレゼンをよくよく聞いていくと、ドルアーガの塔(古くてすいません)的なもののよう。
IMG_9378.JPG
スタンプを集めてゴールを目指すシンプルなルールながらも、マップやスタート・ゴール地点などを自動生成するなどのアイディアを発表されていました。
IMG_9377.JPG
清水さんからは、自動生成だとスタートの隣にゴール等の可能性もあるので、そうしたことをできるだけ避けられるようなルール追加などをアドバイスいただきました。
IMG_9381.JPG

続いて、[04]「10HIT」のプレゼン。
計算シューティングということで、落ちてくる数字に対し、こちらが持っている数字と合わせて「10」になるようにして、消滅させるルールとのこと。
IMG_9384.JPG
清水さんからは、意外と数字を使ったシューティングの制作事例が多いことや、実装に関してのアドバイスなどをいただきました。
IMG_9385.JPG

続いて、[05]「ジャンケン」のプレゼン。
10秒で何勝できるかを競うタイムアタックの要素を取り入れているとのこと。
IMG_9386.JPG
ルール的にシンプルなこともありますので、実際にプログラムを組むという部分では、想定しやすいゲームだなあと感じました。
(組んでいく過程で、何かしらプラスアルファが生まれることも期待してます)
IMG_9388.JPG
ぜひ公開まで持って行ってほしいなあと思っています。

続いて、[06]「タイガー」のプレゼン。
純粋なシューティングゲームを制作したいという想いを語っていただきましたよ。
IMG_9389.JPG
そして、清水さんからは、シューティングこそ王道なので、ぜひ頑張ってほしいという激励を込めたアドバイスをいただきました。
個人的にもシューティングは、好きなゲームジャンルなので、完成をとても楽しみにしております。
IMG_9391.JPG

続いて、[07]「たこ殴り」のプレゼン。
いわゆるサンドバッグを思いっきり叩いてストレス解消系のゲームとのこと。
IMG_9393.JPG
清水さんからは、メンバーの顔写真などを元に、殴るほどに顔の形が変わっていくようなものの方が、サンドバッグの絵などの素材よりも面白いのではないか、というアドバイスをいただきました。
IMG_9394.JPG
また、顔の情報により、硬いかそうでないかといった属性が変わるとまた面白いかも?なんてお話もありました。

続いて、[08]「友達くずし」のプレゼン。
ブロック崩しの変形バージョンで、崩す対象が友達のツイッターのアイコンというもの。
IMG_9396.JPG
ゲームの結果は「〇〇さんを120秒で完全に崩しました」とか「□□さんを60%崩しました」等の表現で、ツィートされます。
IMG_9395.JPG
清水さんからは、こういった内容のゲームはとても流行る可能性があるなあというお話がありました。
また、個人的にも、コンセプトやルールを含め、一番シンプルでわかりやすく、かつ面白いアイディアだなあと感心しました。

続いて、[09]「ザ・ザリガニ」のプレゼン。
ザリガニ・フィッシングアクションと銘打たれている、素手(?)で、ザリガニをいくつ捕まえられるかを競うアクションゲームだそうです。
(田舎がテーマのため、うっすらご当地色があるのが、また微妙にうれしいです(笑))
IMG_9399.JPG
この夏、ぼくは幻のゴールドザリガニを捕まえる!
IMG_9398.JPG
ゲーム自体がどのようになるかはまだわかりませんが、アイディアソンの発表を聞いているだけでも、ぜひプレイしてみたいなあと思いました。

続いて、[10]「16パズル」のプレゼン。
皆さんもご存じの(4×4の)15パズルについて、以前違う言語で制作したものを、今回enchant.jsを通じて再度制作してみようとのこと。
IMG_9402.JPG
IMG_9403.JPG
アイディアの内容そのものよりも、あの短い時間で、これだけのプレゼン資料の制作と、何よりそのプレゼン力で、参加者および清水さんを引き付けていたのではないかなと思います。
IMG_9407.JPG
清水さんからは、お知り合いであるというゲームプロデューサー「水口哲也」さんのエピソードを交えつつ、15パズルについてアドバイスをくださいましたよ。
IMG_9408.JPG
15パズルを制作しつつ(その中でのイノベーションを期待してます!)、今週土曜のハッカソンもがんばってくださいね。

続いて、[11]「あ・きよし」のプレゼン。
出題される串(例:ネギ間)に合わせて、食材をタッチしていくというゲームとのこと。
これ、テーマというかアイディア段階では、個人的にとても面白いなあと感じました。
IMG_9410.JPG
清水さんからは、絵でなくても写真とかでもいいのでは?というアドバイスが。
IMG_9409.JPG
その後の懇親会で、チームメンバーが串盛り合わせの写真をとりまくっていたのはいうまでもありません(笑)

続いて、[12]「カラーキャッチ」のプレゼン。
出題される内容にそったパネルにタッチすることでタイムやスコアを競うゲームとのこと。
IMG_9413.JPG
IMG_9414.JPG
発表の段階で、ゲームコンセプトがしっかり見えるアイディアだなあと感心しました(資料を見るだけでも、かなり内容が伝わってきますよね)。
ぜひぜひ、公開まで持っていっていただきたいと思います。

そして、最後[13]「はるさめ」のプレゼンへ。
こちらも比較的ルールはわかりやすいパズル系のゲーム内容でしたが、落ちてくるゲームにするかどうかなど、まだ細部でちょっと検討中のところがあるようでした。
IMG_9418.JPG
IMG_9417.JPG
ぜひ、開発を進めながら、ゲーム性を詰めて行っていただ桁らと思います。最終日の発表、楽しみにしています!

という訳で、全チームの発表が終わったところで、1人1票を持っての投票タイムにうつります。
IMG_9419.JPG
そして、一票ずつ、開票作業へ・・・。
IMG_9420.JPG
IMG_9423.JPG
そして、結果的には・・・。
IMG_9430.JPG
わーーーーーー。やったーーーーー。
IMG_9433.JPG
IMG_9436.JPG
という感じで、ゲームハッカソン初日となるアイディアソンの順位はこのような結果となりました。
【アプリ名】
 ・1位 16パズル
 ・2位 つぼゲー
 ・2位 10HIT
 ・2位 友達くずし

まずは、上位入賞されたチームのみなさんおめでとうございました!
(上位のチームのみなさんにはちょっとしたノベルティをプレゼントさせていただきました)
IMG_9440.JPG
そして、最後に、清水さんからアイディアソンを含め、本日のイベントに関する講評をいただきました。
19時近くの遅い時間まで滞在いただき本当にありがとうございました。
IMG_9442.JPG
福井に初めてお越しいただいた中、福井のコミュニティ活動や、当日の発表内容に関しても、色々アドバイスをいただき、またお褒めの言葉もいただきました。
IMG_9443.JPG
担当的にはまた、何らかの形で、福井にお越しいただけたらと思っております。どうぞ、よろしくお願いいたします!
(そして、次はぜひカニの時期にお越しくださいませ(笑))
IMG_9445.JPG
そして、遅くまだ参加してくださった皆様、本当にお疲れ様でした&ありがとうございました。
そして、今週末(7月7日)のハッカソンに向けて、引き続きよろしくお願いいたします!
[ゲームハッカソン -enchant.js Meetup- | (公財)ふくい産業支援センター]

「ゲームハッカソン -enchant.js Meetup-」について、福井新聞(2012年6月29日付)に掲載いただきました( #hfukui )。

福井新聞(2012年6月29日付)にて、(公財)ふくい産業支援センター主催にて明日開催いたします「ゲームハッカソン -enchant.js Meetup- | ふくいご当地アプリ開発プロジェクト」に関する記事を掲載していただきましたので、ブログでもご紹介いたします。
game20120629.jpg
定員30名とそれほど大きなイベントではないにもかかわらず、しっかりご紹介いただきました(感謝)。
まだ若干ですが、受付可能です。福井にいながらにして、清水さんのお話を直接聞けたり、enchant.jsに関して質問したりできる機会は滅多にないですので、ご興味ある方はぜひどうぞ。
[ゲームハッカソン -enchant.js Meetup-]
■日程:2012年6月30日・7月7日の両日での開催
 ・Ideathon 2012年6月30日(土)13:30 ~ 18:30
 ・Hackathon 2012年7月7日(土)10:00 ~ 18:30
  ※Hackathonのみの参加は出来ません。Ideathonにも必ずご参加下さい。
■会場:福井県産業情報センター 会議室AB(福井県坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16 → アクセスマップ
■参加費:無料 ※ランチ代は各自ご負担となります。
■定員:20人→25人→30人(最終増席となります)
■目的:
  ・ゲームアプリ開発の技術に触れる
  ・イベントを通じてのスキルアップ
  ・デザイナー、開発者等の参加者同士の交流
  ・イベントを通じたアプリのリリース等によるビジネス機会の創出
■対象者:
  ・テーマに興味のある学生、社会人ほか。
  ・プログラマー、デザイナー、その他Hackathonに興味がある方。
■タイムスケジュール:
 ・Ideathon 2012年6月30日(土) 
  13:30 ~ 13:40 イベント概要、スケジュールなどの説明
  13:40 ~ 15:30
   enchant.js 関連セミナー(2本立て)
   [1]「enchant.jsの基本・機能、ロードマップ、9leapsの紹介など」
   [2]「ミニゲームの企画の立て方」
    講師:清水 亮さん
    (株式会社ユビキタスエンターテインメント 代表取締役社長 兼 CEO)
  15:40 ~ 17:00 アイデアソン
          ・開発に向けてのアイディア出し作業
          ・各チームで作るものを話しあっていただきます
  17:10 ~ 18:10 発表(1チーム 5分程度でプレゼン)
  18:10 ~ 18:30 投票により優秀チームを決定
  18:30     終了
 ・Hackathon 2012年7月7日(土)
  10:00 ~ 16:30 ハッカソン(チームに分かれての開発作業)
  16:40 ~ 17:30 発表(1チーム5分程度でプレゼン)
  17:30 ~ 18:30 投票により優秀チームを決定
  18:30     終了
■講師略歴:
清水 亮 氏(株式会社ユビキタスエンターテインメント 代表取締役社長 兼 CEO)
電気通信大学在学中に米マイクロソフトの次世代ゲーム機向けOSの開発に関わる。
1998年にドワンゴ入社し、翌年に携帯電話事業を立ち上げる。2002年に米国関連会社の副社長を経て2003年に独立。モバイル分野を中心としてソフトウエア開発事業を展開する。
2005年に情報処理推進機構から天才プログラマー/スーパークリエイターとして認定を受ける。
■持参するもの:
 ・初日(6月30日(土))は、名刺、筆記用具だけで結構です。
  ネットワーク環境を用意しますので、
  PC等をお持ちいただいてもOKです。
 ・二日目(7月7日(土))、
  ノートPCなど開発に必要なものをご持参下さい。
 ・電源タップは事務局である程度ご用意する予定です。
  (必ず必要という方は別途電源タップをご用意ください)
■懇親会:
 Ideathon後(6月30日)に懇親会を予定しています。
 詳細については今しばらくお待ちください。
■主催:(公財)ふくい産業支援センター
■協力(予定):
  ・株式会社 jig.jp
  ・株式会社 ignote
  ・WCAF
  ・UX Fukui
■正式申込用サイト(こくちーず)はこちら:
  → http://kokucheese.com/event/index/35521/
【ふくいご当地アプリ開発プロジェクトについて】
(公財)ふくい産業支援センターでは、Hackathonの実施、イベントを契機として生まれたアプリ・福井県産アプリの展示会やイベント等を通じての紹介、学生向けのプログラミングコンテストや、全国規模のアプリコンテストの関連イベント誘致(予定)、予選会の実施(予定)等、本プロジェクトを通じ、本県のIT技術者・Web制作者の更なるスキルアップ・ビジネス機会の創出を目指します。

「ふくいご当地アプリ博2012」出展事業者が決定しました!( #fukuiapp )

fukuiapp2012_555.png
以前のエントリーでもお伝えしておりましたイベント「ふくいご当地アプリ博2012」につきまして、
この度ご出展いただくアプリ開発事業社さま(7社)が決定しましたので、
お知らせします。
出展事業者一覧 – ふくいご当地アプリ博2012
 ・株式会社ignote
 ・株式会社ジークス
 ・株式会社jig.jp
 ・双申株式会社
 ・株式会社ナチュラルスタイル
 ・有限会社モノバイト
 ・株式会社ユーエヌアイ研究所
  ※参加事業者の一覧ページはこちら
  ※(参考)福井スマホアプリ – 福井のアプリ開発者有志によるアプリ紹介サイト
イベント当日は、上記7事業者が開発・公開しているアプリの紹介、実機での体験はもちろんのこと、AppBank村井代表をお招きしてのスペシャルセミナー(無料)、ご当地アプリハッカソンを通じ、誕生したアプリの展示・デモ(予定)など、内容盛りだくさんでお迎えするべく、今後も準備を進めてまいります。
イベント期間中、アプリ博はもちろんですが、福井県内最大の情報関連イベント「ふくいITフォーラム2012」も合わせてお楽しみいただければ幸いです(すべて参加無料です)。
また、直近で行きますと、7月28日(土)・29日(日)の両日、福井市のショッピングシティ・ベル2Fにある「くらしの地域情報センター」にて、福井ゆかりの事業者や個人のクリエイターによる、スマートフォンアプリを実際に体験できるイベントが開催されます。
制作者本人によるPRタイムやアプリプレゼントなど、お楽しみ企画も準備中とのことですので、こちらもどうぞお気軽にお越しくださいませ。
[福井産・スマホアプリ博 in ベル開催! – 福井スマホアプリ]
(参考)福井産・スマホアプリ博 – facebookイベントページ
【ふくいご当地アプリ博2012(in ふくいITフォーラム2012)】
■日時:2012年10月18日(木)・19日(金)10:00-17:00
■会場:福井県産業会館 1号館 展示場(福井市下六条町103)
    → 交通アクセス
■参加料:無料(申込の必要はございません)
■内容(予定含む):
  ・福井県内で開発されたご当地アプリの展示・デモ・プレゼン
  ・ご当地アプリハッカソンを通じ、誕生したアプリの展示・デモ
  ・スペシャルセミナー(講師:AppBank村井智建氏)の実施
  ・ふくいご当地アプリ開発プロジェクト関連事業のご紹介
[ふくいご当地アプリ博2012 – (公財)ふくい産業支援センター]

福井スマホアプリ – 福井発のスマホアプリをまとめたポータルサイト( #fukuiapp )

fukuiapp20120615.jpg
福井ゆかりの事業者や個人のクリエイターによる、スマートフォンアプリをまとめたサイト「福井スマホアプリ」がオープンしたとのこと!
(なお、現時点で既に47本のアプリが収録されており、今後リリースがあり次第追加予定だそうです)
また、2012年7月28日(土)・29日(日)には、ショッピングセンター・ベル(福井市花堂)にて、「福井産・スマホアプリ博」を開催予定とのこと。
 ・ご当地のクリエイターのみなさんが開発・公開しているしたスマートフォンアプリについて実際に触れて体験することが可能。
 ・ショッピングシティベル2Fのイベントスペースにて、iPhoneをはじめスマートフォンが用意されます。
また、アプリ制作者本人によるPRタイムやアプリプレゼントなど、お楽しみ企画も準備中とのこと。
こちらも、お気軽に、おこしくださいませ。
そして、ベルでのイベントへの出展を希望されるアプリ開発事業者の方も募集中だそうです。
企業・個人を問わず福井にゆかりのある方によるもので、自信のブランドで公開されているものが対象。
ご興味あるか方は、以下のリンク先(facebookのイベントページ)をご覧くださいませっ。
[[7/28,29]福井産・スマホアプリ博 – facebookイベントページ]

このブログについて

アップグレードふくいは、公益財団法人ふくい産業支援センターが実施する、福井県内における異業種交流・ビジネス交流イベント。
毎回業界のトップランナーを招いたセミナー・交流会を通じ、参加者同士の交流が活発に行われています。

プロフィール

(公財)ふくい産業支援センター
アップグレードふくい担当

メールマガジン

イベントの最新情報をいち早くお届けします(バックナンバーはこちらから

▼メールアドレス

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

facebook

アップグレードふくい(異業種交流イベント)
ふくいソフトウェアコンペティション
WCAF(Web Creators Association Fukui)