アップグレードふくい担当者ブログ -福井のWeb・IT系ビジネス交流イベント-

福井県のビジネス交流イベント「アップグレードふくい(略名UGF)」に関する話題を中心に、ウェブ・映像等業務などに関連する情報をお届けします。

須藤カンジさんによる映像セミナー(須藤式 ミュージッククリップの作り方)が、無事終了しました。

映像クリエーターパワーアップセミナー
映像クリエーターパワーアップセミナー

映像最高!ミュージッククリップ最高!
という訳で、22日の夜に映像ディレクターである「須藤カンジ」さんをお招きしての映像クリエーターパワーアップセミナーが無事に終了しましたので、ブログでもご報告。
セミナー自体は、まあ色々ありまして(笑)、須藤さんに対して【私と、マルチメディアサポートセンターシステム管理者である榎智洋さん】の3人でゆるく進行という形。
アンケートでも概ねご満足いただけたようで、本当によかったです。
(進行面に関する厳しいご指摘がなかったのも、私的には救いでした・・・(笑))
という訳で、平日の夜にお集まりいただいたみなさん。
また今回お忙しい中、お越しいただきました須藤さん。
本当にありがとうございました!

以下、紹介された映像や内容につきまして自分なりにレポートいたします。

・まずは、須藤さんの作品集の上映(2分程度)
・その後は基本的に「作品を流し、解説を加えていく」という形にて進行。
アーティストとどんなコラボレーションをするか
どのようにしてアイディアを出すか、その世界観の作り方

バンド名「SEKAI NO OWARI」 / 曲名「INORI」
スロー部分の撮影は、ファントム(高速撮影カメラ)を活用。
・途中のモーフィングエフェクトは、当センターにもあるAutodeskのエフェクトシステム「inferno/flame」を活用。
・アーティスト、レコード会社との打ち合わせ。
・アイディア出しについて。時間をしっかりかけ、まずは自分自身がOKと思えるところまで絞り出す。
曲のストーリーとは別に、自分としての核を見つけ出し、作品に植え付けるのが大事。
・そして相手としっかりコミュニケーションをとり、意見も取り入れる(相手が納得いくものを作ることも大事)。
・企画書を書くまでが大仕事。
男の子がプラモデルを作るような、無心の集中力。
・プレゼンを終え、実際の制作の段階になった段階からも、どんどんアイディアを足し、ディテールを作り込んでいく(プラモデルを作る感覚が続く)。
新時代における撮影、編集方法からフィニッシュワークまで
※バンド名「Base Ball Bear」 / 曲名「yoakemae」
・企画がなかなか決まらない、いろんな軌道修正が入る。
 そうした際に必要なのが柔軟性。とはいえ、一番難しいところ。
・技術の進歩による機材の価格低下(7D・ファイナルカット・・・)
・敷居が下がり、誰でも作品作りができるようになった。
低予算における映像制作の考え方

バンド名「SHAKALABBITS」 / 曲名「Nscho Roll」
・撮影から編集、仕上げまで、実質一人で担当。
・予算が厳しくても、最低限のやり方で映像を作れるということ。
・何かしら他との差をつける。やっぱり撮影が大事。

バンド名「スネオヘアー」 / 曲名「赤いコート」
・予算がない。ない時にどうするか。
・無駄とは言わないが予算がない分、余計なことができない。映像の核をまず作る。

バンド名「シュリスペイロフ」 / 曲名「夢うつつ」
・予算がない時の方法。
予算の配分を思いっきりどこに寄せるかを決めてしまうのも方法の一つ。
・見どころとなるところを絞り、そこに思いっきり予算を使う。
・低予算であることには良い点もある(核が作れる、自由度が高い、最近の機材は安くて高機能)。
結果、誰でも手がけることができるようになった・・・だけど・・・。
競争が厳しくなったからなのか、以前よりも新しい映像作家が出てきにくくなったように感じている。
既に巷にあふれている映像。機材にも差がない。≒アイディア勝負
モノがあふれる時代、どのように人と違うもの・新しいものを作れるか。
(例えば、プログラム的な要素を強めた映像だったり)
そうした閉塞感を打開するような若い世代の活躍を期待してます。

という訳で、未来の映像クリエーターを目指す皆さんへ。
(公財)ふくい産業支援センターでは、今後、以下のようなイベントをご用意しています。
【9/29】映像クリエーター養成講座(入門)
【11/5~(4日間)】映像クリエーター養成講座(実践)
特に実践講座は、講師の須藤カンジさん自身が「これでこの値段なんて、東京じゃまずできないですしすげー豪華ですよ」とおっしゃるくらいの講師陣
現時点で、残席がまだございますので、ご興味ある方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいね。

[9/16-23]カナザワ映画祭2011(filmageddonII)

カナザワ映画祭2011 filmageddonII - かなざわ映画の会
「カナザワ映画祭」は、かなざわ映画の会(石川県金沢市で映画の上映活動を行う市民有志の団体)蛾運営母体となって実施している、年1回の映画祭(2007年から続いていて、今回が5回目の開催)。
今回も興味深いタイトルやイベント企画が一杯ですねー。
現在、日本各所で映画祭という形のイベントは行われていますが、カナザワ映画祭は、独特のセレクション・センスで存在感を示していると思います(笑)
ご興味ある方は、ぜひぜひリンク先のぞいてみてくださいね。
[カナザワ映画祭2011 filmageddonII – かなざわ映画の会]

[12/2,1/22]福井キズナ映像フェスティバル

福井キズナ映像フェスティバル
今回は、「福井映画祭実行委員会/NPO法人Comfortさばえ」が主催している福井キズナ映像フェスティバルのご紹介。
既に今回の作品応募については締め切られているのですが、上映会が下記の開催日時で行われますので、ご興味ある方はぜひ足をお運びいただければと思います。
福井キズナ映像フェスティバル 開催日時
2011年12月2日(土)開場18時、開演18時30分~(鯖江市文化センター・大ホール)
2011年1月22日(日)開場13時、開演13時30分~(フェニックスプラザ・小ホール)
[福井キズナ映像フェスティバル]

[9/22]多数のMV・CM制作実績を持つ、須藤カンジ氏が熱く語ります! – 映像クリエーターパワーアップセミナー(参加無料)

映像クリエーターパワーアップセミナー | (公財)ふくい産業支援センター
さて、今回は福井県産業情報センター内にあります映像制作施設「マルチメディアサポートセンター」にとって年一回のお祭り企画ともいえるイベント「映像クリエーターパワーアップセミナー」をご紹介します。
(なお、無料セミナーの後には、映像制作に関する2つの講座がスタートします。詳細は後日ご紹介いたします。)
「第一線の映像制作者の話を聞いてみたい」「カッコいい映像を作ってみたい」などなど、映像や映像制作に関心がある、すべてのみなさまのご参加をお待ちしております(業界に関係のない方も、大歓迎です!)。
【9/22】映像クリエーターパワーアップセミナー(参加無料)
 多数のMV制作実績を持つ、須藤カンジ氏が熱く語ります!

今回の映像セミナーの講師は、須藤カンジ氏(すとう・かんじ)氏。
フリーランスの映像ディレクターとして、主にミュージックビデオ制作やCM制作の第一線で活躍する、映像クリエーターさんでございます。
ざっと制作実績を書くだけでもこんな感じでございます。
【MUSIC VIDEO】
 ・CHEMISTRY「almost in love」「約束の場所」「輝く夜」他
 ・SEAMO「ルパン・ザ・ファイヤー」
 ・矢井田瞳「STARTLiNE 」「I Love You の 形」
 ・BoA「Kissing you」
 ・大塚愛「ロケットスニーカー」
 ・木村カエラ「STARs」
 ・サカナクション「サンプル」
 ・コブクロ「時の足音」
 ・稲葉浩志「Okay」
 ・スネオヘアー「逆様ブリッジ」「赤いコート」等・・・
  → 詳しいプロフィールはこちら。
なお、当日はセミナーだけでなく、意見交換・交流時間も別途ご用意しております。
映像制作に携わる方はもちろんですが、日頃みている映像などに興味がある個人の方も、どうぞお気軽にお申し込みくださいませ。
【テーマ】
須藤式 ミュージッククリップの作り方
 ~自分の頭の中にあるものを以下に映像として形にするか~

【概 要】
これまで多くのミュージックビデオやCMを手掛けてきた須藤カンジ氏。
当日は講師の作品を見ながら、過去の経験に裏打ちされた制作手法やその世界観の作り方についてお話しいただく予定です。
 ・アーティストとどんなコラボレーションをするか
 ・どのようにしてアイディアを出すか、その世界観の作り方
 ・低予算における映像制作の考え方
 ・これまでの作品を見ながらその企画書や絵コンテを紹介
 ・新時代における撮影、編集方法からフィニッシュワークまで
映像セミナー(概要&申込はこちらから
日程:平成23年9月22日(木)18:30-20:30
講師:須藤カンジ氏(すとう・かんじ)氏、映像ディレクター/Randoll
会場:福井県産業情報センタービル マルチホール(1F)
   福井県坂井市丸岡町熊堂3-7-1-16(→交通アクセス
参加料:無料
申込方法など、詳しくは下記リンク先をご覧ください。
[映像クリエーターパワーアップセミナー | (公財)ふくい産業支援センター]

[12/26締切]第10回福井ふるさとCM大賞コンクール

福井ふるさとCM大賞 | 福井市映像文化センター
福井市教育メディア連絡協議会では、第10回「福井ふるさとCM大賞」を実施。
現在、作品を募集しています。
テーマは自由で、部門は特に設けられていませんが、「福井独特のふる里を盛り込んだもの」というのが条件となっています(営利を目的とした企業・商品などの宣伝、個人または特定の政党または特定の宗派等の宣伝、批判広告を除く)。
大賞には、記念品や福井ケーブルテレビ等で放送を予定している他、インターネット上での公開も予定されています。応募は無料となっていますので、ご興味ある方はぜひご応募くださいませ。
第10回「福井ふるさとCM大賞」
応募資格:アマチュアなら個人でもグループでも可
応募締切:平成23年12月26日(月)
審査について:
 【予備審査】
  応募多数の場合には予備審査を行い各部門毎にある程度作品数を絞り込みます。
  ※審査対象は、本編時間やセーフマージンラインが守られているか等
 【公開審査】
  平成24年1月に開催予定の福井市視聴覚教育研究大会にて
  ※全出席者による公開審査(一般参加もできます)
 【本審査】
  平成24年2月中旬(予定)
   ※入賞作品は福井ケーブルテレビ等で放送を予定している他、インターネットで公開予定。
表彰:平成24年2月下旬(予定)
賞:大賞1点/賞状と記念品、優秀賞・努力賞(各部門ごとに若干名/賞状と記念品)
主催:福井市教育メディア連絡協議会
共催:福井市教育委員会
協力:福井ケーブルテレビ株式会社
応募先及び問い合わせ先:
 福井市教育委員会 生涯学習室 映像文化センター
 〒910-0018 福井市田原1丁目13-6フェニックス・プラザ2F(Tel:0776-20-5030)
 http://www.city.fukui.fukui.jp/eibun/
応募方法など詳しくは、下記リンク先をご覧ください。
[福井ふるさとCM大賞 | 福井市映像文化センター]

このブログについて

アップグレードふくいは、公益財団法人ふくい産業支援センターが実施する、福井県内における異業種交流・ビジネス交流イベント。
毎回業界のトップランナーを招いたセミナー・交流会を通じ、参加者同士の交流が活発に行われています。

プロフィール

(公財)ふくい産業支援センター
アップグレードふくい担当

メールマガジン

イベントの最新情報をいち早くお届けします(バックナンバーはこちらから

▼メールアドレス

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

facebook

アップグレードふくい(異業種交流イベント)
ふくいソフトウェアコンペティション
WCAF(Web Creators Association Fukui)