中小企業等外国出願支援事業

事業概要

県内の中小企業が行う外国での戦略的な特許等出願を支援するため、出願費用の一部を補助します。
【注意】国(近畿経済産業局)の補助金を活用して行いますので、今後変更も有り得ることをご承知おきください。

対象事業 外国特許庁に対して行う実用新案、意匠、商標、冒認対策商標の外国特許庁への出願
対象企業 福井県内に本社を置く中小企業(個人事業者、事業協同組合含む、ただし、みなし大企業は除く)
※地域団体商標については、商工会・商工会議所、NPO法人も対象
補助率 助成対象経費の1/2以内
間接補助金申請額は助成対象経費を1/2後、1000円未満切り捨てて下さい。
※ただし実用新案・意匠・商標登録出願の上限は60万円、冒認対策商標出願の上限は
30万円です。(対象企業1企業に対する1事業年度内の補助金の総額は300万円以内とします。)
助成対象経費
  1. 外国特許庁への出願に要する経費
  2. 外国特許庁へ出願するための現地代理人に要する経費
  3. 外国特許庁へ出願するための国内代理人に要する経費
  4. 外国特許庁へ出願するための翻訳に要する経費

※事業期間内に発注、支出した経費が対象となります。

※弁理士間等の仲介手数料は原則補助対象になりません。

※日本国特許庁への出願に要する経費および日本国内の消費税、VATは対象外

事業の流れ